犬の去勢はいつまでにすると良い?手術すると大人しくなる?

オス犬の去勢手術(睾丸摘出)は、
さまざまなメリットから行うこと
が推奨されています。

 

メス犬同様、性ホルモンが影響
すると考えられる病気の予防、
また、マーキングや片足を上げて
のオシッコなど日常生活において
飼い主さんが負担になると思われる
行為の予防のために、できれば早い
手術が推奨されています。

スポンサーリンク


ただ、犬の飼育状況については
さまざまですし、屋外飼育などの
場合には、マーキングなどは
あまり気にされない飼い主さんも
いらっしゃいますよね。

 

ですから、何のメリットのために
去勢をするかによっても推奨
される時期は多少変わってきます。

 

こちらでは、犬の去勢手術の時期
やその後の性格の変化などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<去勢はいつまでにすれば良い?>

 

『生後6ヶ月と言われる理由』

今では、一般的に薦められるのは、
生後6ヶ月経った頃からというのが
多いですね。

 

ただ、この早期の手術の最大の
メリットはマーキングや片足上げ
オシッコの防止のためです。

 

室内であちこちにマーキング
されたら大変ですし、トイレで
オシッコしても片足上げの場合
は水平に飛んでしまうので掃除
も大変になります。

 

オス犬は性成熟する生後6ヶ月を
過ぎるあたりからこれらの行為を
行う可能性があります。

 

その行為を始める前に去勢して
しまえば、その行為をすることは
なくなるとされています。

 

ただ、もしその行為をし始めて
から去勢したのでは、治らない
可能性があるため、その前に
という考えによるものです。

 

ですから、逆に外犬などでそれら
の行為を気にしないのであれば、
そこまで急いで手術を行う必要は
ないと言えます。

犬の去勢手術後の経過(痛みや腫れ,食欲や元気など)について!

 

『他、去勢のメリット』

オス犬は5~6歳を超えるあたり
から男性ホルモンが影響していると
考えられる

*前立腺肥大

*前立腺がん

*会陰ヘルニア

などの病気が増えてきます。

 

この予防のためにも去勢手術が
推奨されています。

 

そのため、5歳くらいまでには
去勢手術をしておきましょう
とされています。

 

ただ、どうせ手術をするなら、
中~高齢にさしかかるときよりも
若いうちの方が全身麻酔のリスク
も低いため、なるべく若いうちに
となります。

 

実際、腎臓や肝臓などの機能が
衰えてくると麻酔がかけられなく
なるためです。

犬の全身麻酔のリスク!体の負担や副作用,後遺症や死亡率など!

またどうせ若いうちにするなら、
マーキングの予防にもなる生後
半年くらいがベストだ!
となるわけです・・

 

ただ、去勢していないすべてのオス犬
がマーキングや片足上げのポーズで
オシッコをするわけではありません。

 

スポンサーリンク


<去勢手術後の変化>

 

去勢手術のデメリットとして良く
挙げられるのが肥満ですが、
これは飼い主さんがちゃんと
食事管理をすることによって防げます。

 

また、性格が大人しくなると
言われますが、これには個体差が
あります。

 

基本的に根本の性格は変わることは
ありませんが、男性ホルモンの分泌
がなくなることによって性欲求に
向けていたエネルギーがなくなる
ため、おっとりしたように感じます。

 

また、発情期のメスに対する
ギラギラ感もなくなるため、
残る欲求は食欲と飼い主さんに
甘えたり遊んだりすることです。

 

ですから、室内で家族として生活
する分にはとても飼いやすくなる
とは言えます。

 

ただし、生まれ持った性格や、
幼い時期の社会科の経験によって
その犬の性質というのもある程度
決まってくるため、神経質であったり
臆病であったりなどの本質は変わる
ことはありません。

 

また、稀にですが手術後しばらくは
神経質になって凶暴になったなどと
聞くこともありますが、これは
おそらく手術など病院での怖い
経験によるトラウマ的な可能性が
高く、時間が経てばもとに戻ること
が多いです。

 

犬の去勢手術は病気予防や長生きの
ためにも推奨されます。
するなら早いうちがメリットが高い
ですが、遅くとも4~5歳くらいまで
にはしておくといいですね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です