犬の生態や雑学

犬のあくびは緊張や不安から?震えながらあくびの心理とは?

人も犬も猫もあくびを良くする!

あくびと言うとやはり眠いとき
というイメージが一番多いと
思いますが、あくびは眠いとき
以外にも出ます。

 

人でも良く『生あくび』なんて
言われ、眠くないときにもあくび
が出ちゃう・・止まらない・・
なんてことがありますが、犬の
場合にも眠いだけじゃない理由に
よるあくびが多いのです。

スポンサーリンク


基本的に寝る前(眠い時)のあくびは
脳に疲労物質が溜まり、休息を
求めていて、あくびで疲労物質を
追い出そうとしている状態です。

 

一方、寝起きのあくびは、脳に
新鮮な酸素を送り込んでスッキリ
と目覚め、活動をするための準備
です。

 

そしてそれ以外でのあくび・・
犬の場合についてこちらでは
まとめてみました。

あくびによって犬の心理状態
測り知ることができますので
ぜひ参考にしてくださいね。

 

<犬があくびをする理由>

 

眠いとき・・寝起き以外で犬が
あくびをするのは、

*緊張や不安を和らげるため

*ストレスを感じたとき

*退屈なとき

などです。

 

犬は常に飼い主さんや家族の人間
の様子、ご機嫌を伺って生活して
います。

 

犬にとって飼い主さん(リーダー)
は絶対的な存在であり、服従
すべき相手ですから、その動向を
見ていないといけないわけです。

 

ですから、その飼い主さんの行動
や態度によって、不安になったり
緊張したりすることも非常に多い
わけです。

 

特に飼い主さんがそのような行動を
したつもりはなくとも、ちょっと
した変化などでも犬は敏感に感じ
とります。

 

また同居犬などがいる場合には
微妙な力関係や遊びの中でも緊張
したりすることがあります。

 

それらによって露骨にソワソワ
したり、落ち着きがなくなったり
犬によってもさまざまですが、
あくびはその緊張や不安を和らげる
ための防衛反射の一つなのです。

 

スポンサーリンク


『緊張や不安を和らげる』

さまざまなシチュエーションで
犬は神経が高ぶっていたり、緊張
したりしているときに不意に
あくびをすることがあります。

 

緊張すると交感神経が優勢になって
いるため、体の筋肉がこわばり、
深い呼吸ができなくなり、脳が
酸素不足になっています。

 

この緊張を緩めて脳に酸素を送り
脳の働きを良くしようとする無意識
のあくびです。

 

『ストレスを感じたとき』

犬は、飼い主さんに叱られたとき
や何か失敗したときなどストレス
を感じるとあくびをすることが
あります。

 

これは、緊張をほぐすための
あくびでもありますが、その場の
状況から一時的に気持ちを背けて
自分を落ち着かせようとする一種の
転嫁行動の一つです。

 

脳を活性化して気持ちを切り替える
と言った意味合いです。

 

イタズラや悪さをして飼い主さんに
怒られているワンちゃんが震えながら
あくびをしている時などがまさに
これですね。

 

極度の緊張とどうしよう・・
なんとかその場を逃れたい・・
この雰囲気から逃れたい・・

という気持ちの表れが無意識に
あくびとして出てしまっている状況です。

 

犬の性格にもよりますが、
飼い主さんに忠実な犬ほどこの
傾向は強いようですね。

 

また、飼い主さんしつけの仕方に
よっても変わりますが。。

 

『退屈なとき』

ぼ~っとしてヒマなとき、
遊ぶ相手もいないし、退屈な
時などにあくびをすることがあります。

 

これは眠いときと同様に脳の
働きが鈍くなってきている状況です。

 

ですから、そのまま寝入ってしまう
こともありますね。

 

 

犬は、飼い主さんに対する依存度が
強い動物ですから、その関係性や
飼育状況によっては、緊張や不安、
ストレスなどが多くなる可能性も
高いです。

 

ですから、しつけはもちろん大事
ですが、極度に緊張を強いるような
叱り方は激しいストレスとなり、
健康にも害を及ぼすことにもなりかねます。

 

罰より賞賛を多くというのが
しつけの基本です。

 

また犬は常に飼い主さんを見ています
ので飼い主さんの緊張が犬にも
伝わります。

 

つまり、犬にあくびが多く見られる
のは、多くは飼い主さんの行動や
態度によるものだということですね。
(もちろん性格にもよりますが・・)

 

また、頻繁にあくびを繰り返して
いるようなときには強いストレス
の可能性があり、体の不調など病気
のサイン
という場合も考えられます。

 

特に生活や環境に変化がなく、
ストレスや緊張、不安などの
要素が考えられない場合には、
病気を疑ってみる必要もありますので
続くようなときには、受診して検査
を受けましょう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. ファシリティドッグとは?ハンドラー(看護師)資格や訓練法は?
  2. 犬の想像妊娠!偽妊娠の原因や症状(行動や期間)と対処法など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP