検査や手術など

犬の歯石除去と抜歯、麻酔にかかる費用や方法まとめ!

犬の歯周病や口臭の原因の多くは
歯石の蓄積によるものです。

 

歯石が付着してくるとその部位
の歯肉が炎症を起こして、出血
したり、膿が出たり、口臭が強く
なったり、また歯がグラグラして
抜けたりします。

 

ですから、本来であれば歯石が
付かないように毎日のハミガキを
習慣づけることが理想です。

スポンサーリンク


子犬のうちからしつければ、
歯磨きを嫌がらずにさせるようにも
なります。

 

また、どうしても歯磨きが難しい場合
には、お口の中の衛生と歯石予防にも
なるハミガキジェルや噛むことで
歯石の元になる歯垢の蓄積を防ぐ
オヤツやおもちゃなどもありますよね。

 

それらを上手に活用して愛犬のお口
の健康を守ってあげることが大事です。

 

しかし、それらの予防ができなかった
場合など、歯石がたくさん付いて
しまっているときには、動物病院で
歯石取りを行う必要があります。

 

こちらでは、歯石除去(抜歯)の方法
や費用、全身麻酔などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<犬の歯石除去・抜歯>

 

動物病院で歯石取りを行う場合、
程度にもよりますが、基本的には
超音波のスケーラーとハンドスケーラー
を併用しながら除去していきます。

 

特に歯茎の中(歯周ポケット)に
入り込んでいる歯石は超音波で
ないとキレイに除去するのは難しいです。

 

人の歯医者さんでも行う方法と
同じです。

 

ただ、人と違うのは犬猫の場合、
歯石取りに全身麻酔が必要になると
いうことです。

 

状態によっては、ハンドスケーラー
で無麻酔で大きな歯石の塊だけを
除去する場合もありますが、細かな
ところまでは取りきれず、また犬も
嫌がるため、基本的にちゃんと
キレイに口腔環境を改善するためには
全身麻酔による処置が推奨されます。

 

また、歯茎が上がって歯根が
見えてグラグラしている場合などは
抜歯も必要になります。

 

すでにグラグラでペンチで軽く
引っ張って抜ける場合もあれば、
少し歯肉を剥がさなければいけない
場合もあります。

 

ですから、抜歯も必要な場合には
全身麻酔は必須となります。

 

『歯石除去・抜歯の流れ』

 

全身麻酔で行う場合は、事前に
麻酔がかけられる状態かどうかの
血液検査が必要になります。

 

また、年齢や他の基礎疾患などが
ある場合は他の検査が必要になる
こともあります。

犬の全身麻酔のリスク!体の負担や副作用,後遺症や死亡率など!

 

そして、全身麻酔がかけれると
判断されれば、歯石取りの予約を
取ります。

 

歯石除去の日程・予約

当日の朝から絶食(前日は夕飯まで)

病院に連れて行く(午前中が多い)

全身麻酔(吸入麻酔)、気管チューブ挿入

歯石(抜歯)除去処置

麻酔の覚醒、状態を見て退院(夕方)

自宅で化膿止めの抗生物質投与
(通院の必要はなく、様子見)

といった流れになります。
(病院によって多少異なります)

 

スポンサーリンク


歯石や抜歯の状況、また犬の大きさ
にもよりますが、麻酔をかけてから
終了まで大体20~40分程度です。

 

麻酔は終了から5~15分程度で
覚醒してきますが、しばらくは
ボーっとした状態が続きますので
完全に覚めるのを待っての退院と
なります。

 

ほとんどの病院で歯石除去などは
昼の手術時間に行いますので、
退院は夕方~夜という日帰りに
なることが多いです。

 

お家に帰ってきたら当日の夜から
夕飯も普通に食べれます。

 

ただ、高齢の場合や麻酔の覚めが
悪い場合など1泊の入院となること
もあります。

 

病院にもよりますが、全身麻酔中、
点滴を行う場合もあります。
麻酔のリスクが高い高齢犬や麻酔の
時間が長くなると予想される場合
などは点滴を行うことが多いです。

犬の口臭にプロポリスの作用や効果とは?おすすめサプリも!

<歯石除去(抜歯)にかかる費用>

 

全体的な費用としては、

・事前検査(血液検査など)
・歯石除去(抜歯)
・全身麻酔(挿管、モニター管理など)
・注射や内服薬(抗生物質)
・入院(1時預かりor一泊)

が必要になります。

 

大体の費用の目安としては、

血液検査:5,000~8,000円
(項目数による)

歯石除去:5,000~8,000円
(歯石の状態や犬の大きさによる)

抜歯:2,000~6,000円
(歯の状態や本数による)

全身麻酔:5,000~10,000円
(犬の大きさ、麻酔時間による)

注射や内服薬:2,000~4,000円
(犬の大きさによる)

入院(日帰り):1,500~3,000円
(犬の大きさによる)

といった感じになります。

 

事前検査は別にして、小型犬で
歯石が軽度の場合で12,000~
重度、また抜歯が必要な場合は、
15,000~が全体的な費用の目安となります。

 

中型~大型犬の場合には、この
1,5~2倍程度は必要になると
思われます。

 

無事に歯石除去を終えるとしばらくは
お口の中はキレイですし歯もピカピカ
ですが、何もしないとまた同じように
歯石が付いていってしまいますので
また同じ繰り返しにならないように
何らかの歯磨き対策をしてくようにしましょう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の口臭にビオフェルミンは効果的?量や与え方,注意点など!
  2. 犬の子宮蓄膿症の検査(レントゲンやエコーなど)や費用は?
  3. 犬の口臭にプロポリスの作用や効果とは?おすすめサプリも!
  4. 犬の椎間板ヘルニアの検査法(脊髄造影・CT・MRI)や費用など!…
  5. 犬の歯磨きの重要性(大切さ)とは?寿命との関連性について!
  6. 犬の全身麻酔のリスク!体の負担や副作用,後遺症や死亡率など!
  7. 犬の健康診断の項目(内容)や費用と所要時間など検査の流れ!
  8. 犬の口臭!腐敗臭やアンモニア臭で考えられる原因や病気!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP