皮膚の病気

犬の疥癬は人にもうつる?他への感染の可能性と注意すること!

とても激しい痒みを伴う犬の皮膚
疾患が疥癬(かいせん)症です。

 

外部寄生虫(イヌセンコウヒゼンダニ)
の感染により発症しますが、適切な
治療を行えば完治する皮膚病です。

 

重症化している場合には完治まで
には時間がかかる場合もありますが
基本的にはダニを駆除してしまえば
皮膚症状も改善します。

 

また、疥癬に感染した犬や野生動物
(タヌキ)との接触に注意することで
予防もできる病気です。

スポンサーリンク


ただし、寄生虫は人間や他の動物
などへもうつる可能性があるもの
も多いです。

 

こちらでは、犬の疥癬症の他への
感染の可能性や注意することなどを
まとめましたので参考にしてください。

 

<犬の疥癬は人にうつる?>

 

疥癬は、肉眼で見ることは
できない小さなヒゼンダニの感染
(皮膚に寄生)することで発症します。

 

そして、疥癬は『人畜共通感染症』です。

 

つまり、人も感染することが
あります。

 

ですから愛犬が疥癬であれば、
接触はもちろん、布団やタオル
などから間接的にうつることも
あります。

 

また、疥癬は人の病気でもあるので
感染した人からうつることもあります。

 

ただし、

*人・・ヒゼンダニ

*犬・・イヌセンコウヒゼンダニ

*猫・・ネコショウセンコウヒゼンダニ

*インコ・・コトリヒゼンダニ

という風に、同じヒゼンダニでも
多くの種類がいます。

 

そしてヒゼンダニは種特異性が強い
ため、犬から(猫も)感染したヒゼンダニ
は人の皮膚では3週間以上は生きること
ができません。

 

また、繁殖することもないため、
寄生や症状は一時的なものとなります。
(痒みや赤い発疹)

 

ただし、疥癬の症状ですから一時的
とは言え、痒みは強い(特に夜間に
ひどくなる)です。

 

また、感染した愛犬の治療を行わない
限り、人も何度でも感染するため、
断続的に感染の症状が続くことにも
なります。

 

*イヌセンコウヒゼンダニは
タヌキやキツネに感染することが
報告されています。

 

スポンサーリンク


<注意すること>

 

愛犬が疥癬の疑い、もしくは疥癬
と診断されたら治療が終わるまでは
濃密な接触を避け、触れたら手を
洗うようにしましょう。

 

また、愛犬が使用していたタオル
などの布類、オモチャやブラシなど
は消毒、または廃棄しましょう。

 

ヒゼンダニは宿主から離れると
長くは生存できません(1~2日)が、
温度や湿度によっては10日以上
生き延びることもあります。

 

その間に人や犬などに接触する
チャンスがあれば寄生します。

 

そして治療は注射や飲み薬、外用薬
などあり、状態に合わせて選択され
ますがいずれも間隔(1~2週間)を
空けて3~5回程度(薬剤による)の投与
が必要になるため、完治するまでは
飼い主さんも注意が必要です。

犬の疥癬の検査や初期症状とは?治療薬や注射の効果など!

 

また、犬のヒゼンダニが人に感染
しても一時的で症状も自然に治りますが、
痒みが強く、引っかいたりして皮膚の
炎症(二次感染)を起こしてしまう
こともあるため、皮膚科を受診して
治療してもらった方がいいと思います。

 

人の疥癬の場合も犬同様に殺ダニ剤
(イベルメクチン)の投与になります
が内服薬(ストロメクトール)での
治療が一般的です。

 

ただ、犬のヒゼンダニの場合では、
一時的な感染なので通常の疥癬の
治療が行われるかは?なので、
飼っている犬が疥癬になった、
うつった可能性が・・と説明すれば
適切な治療がしてもらえます。

 

また、同居犬がいる場合、感染して
いなければ完全隔離、それができない
状態であれば、予防のために外用薬
の塗布などが検討されます。

 

他の動物種の同居がいる場合は、
人間同様、感染しても一時的な
ものなので、心配はいりませんが、
痒みが強い場合には動物病院で相談
してください。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬のアカラスの治療薬や注射など!薬浴やシャンプーの効果は?
  2. 犬の真菌症の検査や完治までの期間と治療法など!人にうつる?
  3. 犬の皮膚トラブル対策に効果的!保湿による改善や予防法とは?
  4. 犬のアトピー性皮膚炎!ステロイドの効果や副作用について!
  5. 犬の寄生虫(皮膚)の種類や画像と検査や治療にかかる費用など!
  6. 犬のアカラスの治療にブラベクト錠の効果や副作用とは?
  7. 埼玉県で犬猫の皮膚専門医の診療や皮膚科のある動物病院!
  8. 犬のアカラスの検査や治療法とは?再発や完治の可能性は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP