皮膚の病気

犬の疥癬の検査や初期症状とは?治療薬や注射の効果など!

犬の皮膚疾患はさまざまありますが
外部寄生虫の感染によって発症する
皮膚病の一つが疥癬(かいせん)症です。

 

ヒゼンダニという小さなクモに
似たダニが皮膚に寄生することに
よって発症しますが、さまざまな
皮膚疾患の中でも一番痒い
言われる皮膚病です。

スポンサーリンク


こちらでは、犬の疥癬の検査や
症状、治療などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<疥癬の検査>

 

ヒゼンダニにも多くの種類があり
ますが犬に寄生するヒゼンダニは、
『イヌセンコウヒゼンダニ』が
ほとんどです。
(まれに猫に寄生するネコショウ
センコウヒゼンダニに感染することもあります。)


出展:http://blog.livedoor.jp/ukyo_ah/

0,2~0,4mmの大きさで肉眼では
見ることはできないダニです。

 

体表に寄生し、メスは皮膚に
2~3mmのトンネルを掘って
住み着き、産卵を繰り返します。

 

このダニや卵を検出することで診断
します。

 

検査では、皮膚の表面、角質を
メス刃などで削り取り(皮膚掻爬検査)
顕微鏡で確認、ヒゼンダニや卵が
見つかれば疥癬症の診断となります。

 

感染から長く時間が経っている
場合などはなかなか検出されない
こともありますが、ほとんどの
場合、1~2回の検査で検出されます。

 

<疥癬の初期症状~>

 

ヒゼンダニは感染犬との接触
よって感染します。
(近年は野生のタヌキからの感染
も増えてきています。)

 

また、感染犬が使ったブラシや
タオルなどからも間接的に感染
することがあります。

 

疥癬に感染した場合、初期では
皮膚に赤い発疹がポツポツと
見られるようになります。
(感染から発症まで1~3週間です。)

 

ただ、それ以前にしきりに痒がる
ようになりますので分かりやすい
と思います。

 

ヒゼンダニの糞や分泌物などが
刺激となり、アレルギー反応
起こし、激しい痒みを引き起こします。

 

特に初期では、毛が少ない顔や
耳、皮膚が柔らかいお腹周囲や肘
などに症状が出やすいです。

 

進行して疥癬が増殖してくると
狂ったように掻き毟ったり噛んだり
することで皮膚に傷を作ってしまう
ようになります。

 

そして炎症を起こし、出血したり
かさぶたになったり、脱毛を
起こしたりし、やがて病変は全身
に広がっていきます。

 

さらに放置したままにしておくと
ヒゼンダニは増殖、全身の皮膚が
細菌感染を起こし、また激しい痒みから
くるストレスで犬は食欲不振に陥ったり
栄養状態も悪くなり、抵抗力の弱い子犬
や老齢の場合は弱ってしまうことも多いです。

 

スポンサーリンク


<疥癬の治療>

 

疥癬の治療はヒゼンダニの駆除
皮膚症状に対する治療です。

 

ダニ駆除剤の投与と皮膚の状態
によって抗生物質などの投与が必要となります。

 

ダニ駆除ができれば、徐々に痒み
は減ってきて引っかかなくなり
ますので皮膚も自然に治ってきます。

 

ダニ駆除剤は、病院によっても
多少変わりますが、一般的な
薬剤としては、

*イベルメクチン(アイボメック)

*ドラメクチン(デクトマックス)

などの投与(注射)が一番効果的です。

 

注射は卵には効果がないため、
通常は1~2週間おきに2~3回ほどの
投与(注射)となります。
(注射の場合は、だいたい3回の
投与で終了となりますが、効果が
弱い場合は、飲み薬などが必要に
なることもあります。)

 

ただし、注射は作用も強く、
子犬やフィラリアに感染している犬、
また犬種(コリー・シェルティなど)
によっては使用できません。

 

それらの場合、注射よりも効果は弱い
ですが、イベルメクチンの飲み薬
(フィラリア予防薬)や皮膚滴下式
の外用薬剤(レボリューション)などの
方法もありますのでそのワンちゃん
に最適な治療法が選択されます。

 

また、薬用シャンプー薬浴
併用することで皮膚状態の改善も
早くなります。

犬の疥癬は人にもうつる?他への感染の可能性と注意すること!

 

犬の体の疥癬の退治はできても、
室内飼育などで環境中(タオルや
毛布、ブラシなど)にヒゼンダニ
や卵が付着していることもある
ため、それらの消毒も必要になります。

 

また、同居犬がいる場合には、
その子も予防の意味も込めて
内服や外用薬の塗布を行って
おいた方が安全です。
(すでに感染している場合もあります。)

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の疥癬は人にもうつる?他への感染の可能性と注意すること!
  2. 犬の膿皮症は人や他の犬にもうつる可能性はある?原因は?
  3. 犬のアカラスの検査や治療法とは?再発や完治の可能性は?
  4. 犬のアカラスの治療にブラベクト錠の効果や副作用とは?
  5. 犬の真菌症の検査や完治までの期間と治療法など!人にうつる?
  6. 犬のアカラスの治療薬や注射など!薬浴やシャンプーの効果は?
  7. 犬猫の皮膚専門or皮膚科のある東京都内の動物病院まとめ!
  8. 犬のアトピーには体質改善が重要!期待できる効果や方法など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP