皮膚の病気

犬のアカラスはうつる?他への感染の可能性や注意点など!

犬には比較的多い皮膚病で
約30%の犬が発症するとされる
のがアカラス(毛包虫症)です。

 

症状から全身性局所性
分けられ、また発症年齢から
若年性成年性に区別されています。

 

特に全身性、成年性のアカラスは
完治が難しく長期の治療が必要
なります。

スポンサーリンク


原因は、毛包虫(ニキビダニ)の
増殖によるものですが、寄生虫
の一種です。

寄生虫やダニと聞けば・・
人にもうつるの?他の犬にもうつる?

と不安になりますよね・・

 

そこでこちらでは、犬のアカラス
の他への感染の可能性や注意点
などをまとめてみましたので
参考にしてください。

 

<毛包虫(ニキビダニ)とは?>

 

ニキビダニは『デモデクス』とも
呼ばれ、哺乳類の皮膚の分泌腺
に寄生するダニで芋虫のような
形をしています。
(肉眼では見ることができない
体長0,2~0,3mm、幅0,05mmの
小さなダニです)


出展:http://karapaia.com/

毛包の中で、卵~幼ダニ~若ダニ~
親ダニという生活サイクルで
寄生しています。

 

犬の他、人にも寄生していますし、
牛や豚などすべての哺乳類に寄生
しているとされています。

 

ただし、宿主特異性があるため、
その動物ごとに固定された種
(ニキビダニ)が寄生します。

 

その種類は5,000種にも及ぶと
されています。

 

そして、ニキビダニは健康な人
や犬にも少量は寄生しているダニ
です。

 

生まれたばかりの子犬や子供には
寄生していませんが、親から感染
しますので寄生率は100%とも
言われます。

 

人では特に顔の皮脂腺に多く
寄生していて『顔ダニ』とも
呼ばれています。

 

通常は、ニキビダニは余分な
皮脂や皮質などを食べてくれたり
と、必要な存在でもあり、宿主
と共生をしていますので、寄生
していても無症状です。

 

しかし、さまざまな原因、要因に
よって、その共生関係が崩れると
ニキビダニは過剰に増殖しさまざま
な症状を引き起こします。

 

これがアカラス(毛包虫症)です。

 

人の場合には、このニキビダニの
増殖が原因となって顔に大量の
ニキビができることもあります。
(そのためニキビダニと呼ばれる)

 

犬の場合は、全身や局所的に
ブツブツや赤み、脱毛などが
起きます。

スポンサーリンク


<ニキビダニはうつる?>

 

ニキビダニは『1種対1種』という
種特異性があります。

 

人には人のニキビダニ、
犬には犬のニキビダニ、
牛には牛のニキビダニ、
ということです。

そのため、犬のアカラス症が
人はもちろん他種の動物にうつる
ことはありません。

 

だったら犬にはうつるんじゃ?
と思ってしまいますが・・

前述したようにニキビダニは
もともと健康な犬にも常在する
寄生虫です。

 

このニキビダニが増殖して
アカラスを発症するのはその犬
の体の問題であって、そのアカラス
が他の犬にうつることはありません。

 

また、ニキビダニは寄生したら
その毛包内で一生を過ごすとされて
います。

 

ですから、同居していても濃密
な接触があったとしても基本的に
うつる可能性はありません。

犬のアカラスの検査や治療法とは?再発や完治の可能性は?

<注意点など>

 

犬から犬へ、アカラスがうつること
はありませんが、どんな犬でも
アカラスを発症する可能性はあります。

 

また、アカラス発症にはさまざまな
要因が挙げられますが、遺伝的素因
も要因の一つです。

 

ですから、親子や兄弟犬などが
アカラスの場合には発症リスクも
も高くなると考えられますので
注意して観察することが大事です。

 

また、好発犬種として、パグ
シーズーチャイニーズシャーペイ
などが挙げられています。

これらの犬種の場合にも注意して
おくといいですね。

 

その他、アカラスは他の皮膚疾患
との併発も多いです。

 

ですから、食物アレルギー
アトピーなどの皮膚疾患がある
場合、また皮膚病の治療などで
ステロイドなど免疫抑制のお薬を
使っている場合などはアカラス
発症のリスクも高くなりますので
注意が必要です。

 

その他、内分泌疾患(クッシング
や甲状腺機能低下症など)がある
場合も同様です。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の膿皮症は人や他の犬にもうつる可能性はある?原因は?
  2. 犬猫の皮膚専門or皮膚科のある東京都内の動物病院まとめ!
  3. 犬の膿皮症の治療薬!抗生物質や塗り薬の種類や効果など!
  4. 犬の真菌症の検査や完治までの期間と治療法など!人にうつる?
  5. 犬のアカラスの治療にブラベクト錠の効果や副作用とは?
  6. 犬の疥癬の検査や初期症状とは?治療薬や注射の効果など!
  7. 犬の皮膚トラブル対策に効果的!保湿による改善や予防法とは?
  8. 犬のアトピーには体質改善が重要!期待できる効果や方法など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP