犬のアカラスの治療薬や注射など!薬浴やシャンプーの効果は?

犬の厄介な皮膚疾患の一つ、
アカラス(ニキビダニ症)は、
長期の治療が必要になることが
ほとんどで完治の難しい皮膚病です。

 

それには、アカラス発症の
起因となるニキビダニ増殖の
要因が複雑、さまざまなことが
挙げられ、問題はアカラスだけ
ではないことが多いためです。

スポンサーリンク


アカラスの治療自体は基本的に
殺ダニ(ニキビダニの退治)と、
皮膚症状(炎症や痒みなど)に
対する治療となります。

 

こちらでは、犬のアカラスの
治療に使われるお薬や薬浴、
シャンプーなどについてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<殺ダニ剤について>

 

犬にアカラスに使用される
殺ダニ剤で主なものは、

*ドラメクチン(デクトマックス)
・注射

*イベルメクチン(イベルメック)
・注射や内服薬

*アミトラズ(農薬)
・薬浴など外用

などです。

 

また、新しいお薬として

*フルララネル(ブラベクト錠)

も使われるようになっています。

犬のアカラスの治療にブラベクト錠の効果や副作用とは?

 

アカラスの症状・状態にも
よりますが、一番効果的とされる
のは、ドラメクチンの注射です。
(週1回の注射を数週~10週程度)

 

ドラメクチンもイベルメクチンも
フィラリアやノミ・ダニの予防薬
として一般的に使用されている
成分で、投与法や副作用などは
基本的にどちらも同様のものです。

 

ただ、ドラメクチンの方が作用時間
がイベルメクチンより長いこと、
また注射時の刺激(痛み)が少ないという
こともあり、注射ではドラメクチン
が使われることが多いです。

 

イベルメクチンは、アカラスでは
経口投与(内服薬)として処方される
ことが多いです。

 

ただし、イベルメクチンの内服は、
アカラスの治療のためには通常の
フィラリア予防の投与量の数十倍
もの量を服用しなければならず、
また薬剤も高額なため、長期治療
になる場合にはなかなか続けるの
は大変とも言われています。

 

また、イベルメクチンの内服薬
だけでは効果があまりということ
も多く、また投与量を増やすと
嘔吐などの副作用も起こりやすく
なります。

 

そのため、ドラメクチンの注射、
その後、維持治療でイベルメクチン
の内服といった治療が多いようです。

 

*ただし、これらの殺ダニ剤は
フィラリアに感染している犬、
また犬種によっては重篤な副作用
を起こす可能性があるため使用
できません。(勝手な判断での投薬
は禁忌です。)

 

その他、皮膚の二次的な細菌感染
(膿皮症など)の治療や管理には、
抗生物質の投与が必要になります。

 

スポンサーリンク


<薬浴・シャンプーなど>

 

また、殺ダニ剤(アミトラズ)
使った薬浴で皮膚表面からの殺虫
も効果的です。

 

ただし、殺ダニ剤を毛包内に
行き渡らせるためには毛穴の
詰まり(汚れ)をキレイに除去して
から行う必要があります。

 

アカラスでは、フケやカサブタ
などで毛穴が塞がっている状態、
また膿皮症を併発することも
多く、皮脂でベタベタしている
ため、まずはこれらを洗浄する
ためには薬用シャンプーです。

犬の膿皮症!薬用シャンプーの種類や効果と自宅での注意点!

 

膿皮症で多く使われる
クロルヘキシジンや、
硫黄とサリチル酸を配合した
シャンプーで皮膚を洗浄し、
その後、殺ダニ剤での薬浴という
のが効果的です。

 

『薬浴の注意点』

アミトラズは、ノミ取り首輪
などにも使われている殺虫剤です
が農薬として使われる劇薬扱いの
薬剤です。

 

基本的に経皮(皮膚から)吸収は
されず、害にはなりませんが、
舐めたりして経口摂取してしまうと
中毒症状が出る可能性があります。

*異常興奮

*元気消失

*ふるえ・けいれん

*体温低下

など。

 

ですから、薬浴中、またその後、
被毛が乾くまでは舐めさせない
ように注意が必要です。
(エリザベスカラーも必要)

犬のアカラスはうつる?他への感染の可能性や注意点など!

 

そのため、自宅で行うのは
オススメできませんので、
できれば動物病院でお願いする
ように
しましょう。

 

薬用シャンプーは自宅でも可能
ですので自宅でシャンプーをした
後(もしくは翌日)に病院で薬浴
をしてもらうのもいいと思いますよ。

 

アカラスの薬浴やシャンプー療法
については病院によっても異なり
ますので、色々と聞いてみてくださいね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です