皮膚の病気

犬のアカラスの治療にブラベクト錠の効果や副作用とは?

犬のニキビダニ症とも言われる
アカラスは、さまざまな原因に
より、宿主の免疫低下に伴い、
増殖、皮膚に炎症や脱毛などを
引き起こします。

 

若齢(18ヶ月未満)の発症では、
症状も比較的軽く、治療経過も
良好なことが多いですが、成犬
(19ヶ月~)になってからの発症
では、症状も重度で治療も長期に
渡り、また完治は難しいとされています。

スポンサーリンク


治療にはニキビダニを駆除する
ための殺ダニ剤が使用されますが、
犬のアカラスに効果的な薬剤は
種類は少ないです。

 

また薬剤によってはあまり良い効果
が見られなかったり、また犬の状態
によっては使用できない場合なども
あり、奏功する治療法を見つけるの
もなかなか大変とされています。

 

そんな中、2016年に新しく発売
されたノミ・ダニの予防薬の
『ブラベクト錠』がアカラスにも
効果がみられると報告されています。

 

そこでこちらでは、アカラスへの
ブラベクト錠の作用や効果、副作用
などについてまとめてみましたので
参考にしてください。

犬のアカラスはうつる?他への感染の可能性や注意点など!

<ブラベクト錠の特徴や作用について>

 

ブラベクト錠の有効成分は、
イソキサゾリン系の『フルララネル』です。

 

そしてこのフルララネルは、
これまでのペット用の外部寄生虫
駆除・予防薬とは異なる作用機序
を持っています。

 

これまでの外部寄生虫駆除薬
の成分はイベルメクチンなどが
主なものでした。

 

イベルメクチンは無脊椎動物の
神経や筋細胞におけるシグナル伝達
物質の塩化物イオン(Clー)の通り道
でのClチャネルに結合することで、
神経又は筋細胞の過分極が起こり
寄生虫が麻痺を起こし死亡します。

 

フルララネルは、節足動物の
GABA作動性塩素イオンチャネル
に作用し、塩素イオンの神経細胞
流入を阻害することで、抑制が効か
なくなり、過度の興奮を起こす
ことで寄生虫(ノミ・マダニ)を死亡させます。

 

そしてこのフルララネルは
日本の企業(日産化学工業株式会社)
が発明した成分で、動物用医薬品原薬
としてMSD社に供給され、製品化
されたもの『ブラベクト錠』が日本
に上陸、発売となりました。


出展:https://www.bravopets.jp/

そして、これまでのノミダニ
など外部寄生虫薬は、1ヶ月に
1回の投与が基本でしたが、
ブラベクト錠は、殺虫効果の
持続性が長く、1度の投与で3ヶ月
効果が持続するという特徴があります。

 

ブラベクト錠は、米国やEUなど
では、2014年より発売されていて
現在は日本を含め80ヵ国以上で
販売されています。

 

チュアブルタイプのタブレット
で嗜好性も良く、また安全性も
高い薬剤として評価されています。

 

スポンサーリンク


<ブラベクト錠のアカラスへの効果>

 

米国で行われたブラベクト錠の
アカラスへの投与実験の報告に
よると、

全身性アカラスの症例で、
ブラベクト錠の通常量の投与に
おいて、ニキビダニの数が
投与後28日目で98%減少していた
ことが分かっています。

 

また、56日後、85日後では
ニキビダニは検出されなかった
ということです。

 

そして、同時に他の皮膚投与の
薬剤(モキシデクチン)でも実験が
行われていますが、他の薬剤でも
ニキビダニの減少は見られたが、
効果の差は明らかであったとされています。

 

これにより、ブラベクトの1回
投与でもアカラスに高い効果を
発揮すると結論づけられています。

 

日本では発売されてからまだ
あまり経っていないこともあり、
効果的な報告はまだ上がってきて
いないようですが、アカラスの
治療にブラベクト錠を取り入れる
病院が増えてきていますので、
今後良い報告も増えてくるのでは
ないかと期待しています。

 

また、ブラベクト錠は、他の
殺ダニ剤とは異なる作用機序の
ため、これまで一般的だった
薬剤で効果が認められなかった
子などへの治療薬としても
効果が期待されます。

犬のアカラスの検査や治療法とは?再発や完治の可能性は?

<ブラベクト錠の副作用>

 

他の殺ダニ剤と比較しても
非常に安全性が高いとされています。

 

一般毒性(急性及び慢性)において
も他の薬剤の2倍の安全性が確認
されています。

 

また、感受性の高い子犬に対する
投与実験でも有害性は認められて
いません。(投与は8週齢未満
2kg以下は禁止です)

 

副作用としては、まれに下痢や嘔吐
食欲不振など起こす可能性が
挙げられています。
また一部にAST、ALT(主に肝機能)
の上昇が認められることがあります。

 

ただし、あくまでもブラベクト錠
はノミ・ダニの駆除薬であり、
これらの副作用の可能性、また
安全性についてもアカラス症の
犬で確認されているわけではありません。

 

アカラス発症の犬では他に基礎疾患
など
がある場合も多いため、慎重な
投与が必要がとなります。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の口臭にプロポリスの作用や効果とは?おすすめサプリも!
  2. 犬の真菌症の治療に効果的な薬用シャンプーや薬浴法など!
  3. 犬の膀胱炎の薬!種類(抗生物質など)や投与期間と副作用など!
  4. 犬の疥癬は人にもうつる?他への感染の可能性と注意すること!
  5. 犬の肥満細胞種に分子標的薬イマチニブの効果や副作用は?
  6. 犬のてんかんに漢方薬の効果とは?種類や発作抑制の作用など!
  7. 犬の分離不安症の薬の種類や効果は?副作用や注意点など!
  8. 犬の疥癬にシャンプーや薬浴の効果は?オススメの方法など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP