アトピー・アレルギーなど

犬のアトピーに必須脂肪酸(オメガ3など)の効果や重要性とは?

犬のアトピー性皮膚炎では、
飲み薬、塗り薬、注射などの
治療、薬用シャンプーなどでの
スキンケアの他、さまざまな
サプリメントの摂取も治療の一環
として推奨されます。

 

その中でも特に重要とされるのが
『必須脂肪酸』の摂取です。

 

必須脂肪酸は、食品から摂取する
のが難しく、人でも積極的な摂取
が推奨されている栄養素です。

スポンサーリンク


犬のアトピーでは必須脂肪酸の
摂取によって皮膚のバリア機能を
高めることで、皮膚症状を軽減
させるという目的があります。

 

それによってなるべく薬剤に頼らず
良い状態を保てれば安心ですしね。

 

皮膚に健康に深い関わりのある
必須脂肪酸。

 

こちらでは犬のアトピー性皮膚炎
に対する必須脂肪酸の作用や
効果、オススメのサプリなどを
まとめていますので参考にしてください。

 

<必須脂肪酸とは>

 

脂肪は、三大栄養素の一つです。
(他、炭水化物・たんぱく質)

脂肪はモノグリセリド(グリセリン
脂肪酸エステル)と脂肪酸で
できています。

 

脂肪酸には、体内で合成できる
ものとそうでないものがあり、
体内で合成できない脂肪酸が
『必須脂肪酸』と呼ばれます。

 

必須脂肪酸は、体内で合成できない
ため、食事から摂取する以外に
ありません。

犬のアトピー性皮膚炎にインターフェロンの効果や費用など!

 

必須脂肪酸で代表的なのが、

*α-リノレン酸(オメガ3系脂肪酸)

・EPA(エイコサペンタエン酸)
・DHA(ドコサヘキサエン酸)
(EPAとDHAはαリノレン酸から合成可能)

*リノール酸(オメガ6系脂肪酸)

・γ-リノレン酸
・アラキドン酸
(γ-リノレン酸とアラキドン酸は
リノール酸から合成可能)

などの多価不飽和脂肪酸です。

 

そして『必須』とされている通り、
不足、欠乏すると

*皮膚の水分、バリア機能の損失

*成長障害・異常

*免疫不全

*高脂血症

などの障害が起こります。

 

スポンサーリンク


<必須脂肪酸とアトピー性皮膚炎>

 

セラミドは皮膚における代表的な
脂質で皮膚のバリア機能に重要
な役割をする細胞間脂質です。

 

このセラミドが失われることで
表皮の水分透過性が増し、炎症
が引き起こされます。

 

そして皮膚は乾燥やフケ、
魚鱗状になるなど、アトピー性
皮膚炎でも良く見られる状態に
なります。

 

そしてこのセラミドの原料が
『必須脂肪酸』です。

 

ですから、アトピー性皮膚炎の
ワンちゃんは、必須脂肪酸が
不足傾向にあり、それを補うこと
で、皮膚のバリア機能を高め、
症状の軽減が期待できるとされています。

 

もちろんドッグフードにも
この必須脂肪酸は、含まれて
いますが、ほとんどのフードで
オメガ6は多く含まれていますが、
オメガ3はほとんど含まれません。

 

オメガ6とオメガ3の理想的な
比率は『10:1~5:1』とされています。

 

オメガ6は、摂取しすぎると
血栓症や動脈硬化などのリスク
が高まり、また炎症の促進や
過剰な免疫反応にもつながると
されています。

 

そして、オメガ6は一般的な植物油
に含まれているため、摂取しやすく
ドッグフードにも多く含まれます。

 

一方、オメガ3はオメガ6とは逆で、
血流を良くしたり、抗炎症作用、
脳や神経細胞の活性化などの良い
効果があります。

 

しかし、オメガ3は熱に弱く、
酸化しやすい性質があるため、
食品への添加は難しく摂取するの
も難しいのです。

 

そのため、必須脂肪酸では
オメガ3のサプリメントが多いと
いうわけです。

 

ですから、犬のアトピーの
必須脂肪酸の摂取ではオメガ3を
メインに摂取することが推奨
されています。

犬のアトピーに乳酸菌の作用や効果とは?おすすめサプリも!

<オメガ3サプリメントおすすめ>

 

オメガ3と言えば、亜麻仁油
(フラックスオイル)やえごま油
などに多く含まれていますよね。

 

食品ですから基本的にはそのような
ものを与えても何の問題もありません。

 

亜麻仁油をティースプーン1杯
程度(人では大さじ1杯が推奨)
食事に振りかけてあげるなども
良いと思います。

 

また、人用のEPAやDHAなどの
サプリメントでも量を加減すれば
大丈夫なのですが。

 

ただ、ペット用としてちゃんと
量とか分かりやすく安心して
与えられるものが良いという場合
には以下がオススメです。

 

ペット用のオメガ3サプリとして
私がオススメなのは、
ホリスティックケアシリーズ
『アズミラ』のものです。


【メガオメガ3 50C

”Azmira(アズミラ)
FDA(米国食品医薬局)と
USDA(米農務省)の優良製品製造指針
に基づいて製造されているナチュラ
ルペットケア製品メーカーのひとつ”

 

オメガ3は酸化しやすいため、
抗酸化作用のあるビタミンEも
必要になりますがこちらは天然の
ビタミンE(d-アルファトコフェ
ロール)が含まれています。

 

カプセルになっていますので
そのまま与えてもいいですし、
中身だけ出して食事に混ぜても
大丈夫です。

 

ちなみにウチでは(猫ですが)
特にアトピーや皮膚病などもない
ですが健康維持と長生きのために
飼い主ともどもこちらのフラックス
オイルを愛飲しております^^
(ペット用ではありません)

なるべく薬剤を使わずアトピーの
辛い症状を軽減させてあげたい
ものですよね。

 

また、オメガ3は血流改善の効果
から腎不全などにも有効とされて
いますし、高齢になって起きる
さまざまな病気に対しても良い
効果が期待できます。

 

愛犬の毎日の食事に取り入れて
おくと健康維持にもつながります
のでオススメです。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬のアトピー治療の薬!抗ヒスタミン剤の種類や効果など!
  2. 犬のアトピー治療の新薬アポキル錠の作用や効果、副作用など!
  3. 犬のアトピーに乳酸菌の作用や効果とは?おすすめサプリも!
  4. 犬のアトピーとアレルギーの違いとは?治療法や薬も違う?
  5. 犬の肥満細胞種に分子標的薬イマチニブの効果や副作用は?
  6. 犬の下痢に抗生物質やステロイドが処方!効果や副作用など!
  7. 犬の股関節形成不全にサプリメントの効果は?オススメなど!
  8. 犬のアトピー性皮膚炎!ステロイドの効果や副作用について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP