皮膚の病気

犬のアトピー性皮膚炎!ステロイドの効果や副作用について!

犬で最も多い皮膚疾患の一つ、
アトピー性皮膚炎は、辛い
痒みを伴い、完治の難しい
皮膚病です。

 

犬のアトピーは体質やアレルギー
など根本原因の除去が難しいため
治療は症状を軽減させるための
対処療法がメインとなることが
ほとんどです。

 

そして、対処療法の薬剤で
アトピーやアレルギーなどに
即効性があり、使用されるお薬と
して必ず名前が挙がるのが
『ステロイド』です。

スポンサーリンク


ステロイドというと副作用が強い、
怖い薬、筋肉増強剤、などなど
あまり良いイメージがない薬剤ですよね。

 

できれば使いたくない・・と
思う方がとても多いです。

 

ただ、特にアトピーなどでは、
痒みを抑えるのに一番効果的な
お薬はやはりステロイドですし、
またその他の病気にも幅広く活用
されている薬剤です。

 

こちらでは、犬のアトピー性皮膚炎
に対するステロイドの作用や効果、
また心配な副作用などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

犬のアトピーに乳酸菌の作用や効果とは?おすすめサプリも!

<ステロイドとは?>

 

ステロイドは、
『コルチコステロイド
(コルチゾール)』
とも呼ばれ、
副腎から作られる副腎皮質ホルモンの1つです。

 

このコルチコステロイドから
作成された合成副腎皮質ホルモン製剤
が一般的に「プレドニゾロン」という
薬剤(製品名)で多く使われています。

 

ステロイドは、炎症を鎮めたり、
アレルギー反応を抑制する効果が
あるため、人でもアトピー性皮膚炎
にはよく処方される薬の一つです。

 

繰り返しになりますが、
ステロイドは副腎から作られる
副腎皮質ホルモンです。

 

つまりステロイドは、体内で
普通に作られている物質なのです。

 

それなのになぜステロイドが
強い薬、怖い薬と言われるのか・・?

 

ステロイドの使用が長期になって
くるとステロイドが足りている状態
が続くため、本来体内でステロイド
を作っている副腎がサボリだし、
だんだんステロイドを作らなくなってきます。

 

そして副腎は長く休みすぎると
機能が低下するためステロイドを
作る能力も低下します。

 

その状態でステロイドの服用を
止めてしまうと副腎でステロイドが
作られていないため当然ステロイド
が不足して、さまざまな問題を
起こすことになります。

 

これがいわゆる怖い副作用
いわれるものです。

 

ですから、ステロイドの投与は
急に止めてはいけないとされ、
投与量を少しづつ減らしながら
副腎の働きを回復させながら
投与を止める必要があるのです。

 

これが、長期の過剰投与となると
なおさらです。

 

しかし、ステロイドのこの特徴を
ちゃんと理解して薬の投与を慎重に
行えば、副作用のリスクも少なく、
さまざまな疾患に対して抜群の効果
を発揮する良いお薬なのです。

 

ですから、医療関係者の間では、
ステロイドの悪いイメージと
いうのに違和感を感じているものも
多いのです。

 

スポンサーリンク


<ステロイドのアトピーへの作用や効果>

 

体内で作られる副腎皮質ホルモンは、

*過剰な免疫抑制

*抗炎症

などアトピーやアレルギーの症状
を抑えるホルモンです。

 

ですから、アトピーなどの症状は、
この副腎皮質ホルモンの分泌が
不十分になっていて免疫反応が
強く出ている状態です。

 

なぜ、副腎皮質ホルモン分泌の
不足が起きるのかと言うと、
『副腎の疲弊』によるものが大きいです。

 

過剰なアレルギー反応が頻繁に
続くと副腎からのホルモン分泌
も連続で続くため、副腎は疲弊し、
ホルモン分泌ができなくなります。

 

また、副腎皮質ホルモンはストレス
にも関わるホルモンです。

 

ストレスを感じると副腎皮質
ホルモンが分泌され、ストレスに
立ち向かう身体の状態をつくります。

 

ですから、大きなストレスが長期間
続くと副腎は疲弊してしまいます。

 

このようにして副腎皮質ホルモン
が不足することによって、
アトピーは発症します。

 

この副腎皮質ホルモンを薬剤と
して補うのがプレドニゾロンなど
のお薬なのです。

 

ですから、ステロイドの投与に
よって体内で不足している副腎皮質
ホルモンを補い、過剰な免疫を抑制
することでアトピーの症状がなくなるのです。

 

また、ステロイドの投与によって
その間、疲弊した副腎を休め、
本来の機能を取り戻させる・・と
いう目的もあるのです。

 

ですから、アトピーにおいて
ステロイドの投与は必要なこと
でもあるのです。
(ただし、一時的なものとし投与量
や休薬については慎重に。)

犬のアトピー性皮膚炎にインターフェロンの効果や費用など!

 

<ステロイドの副作用>

 

ステロイドの副作用で一番怖いのが
長期投与や過剰投与によって副腎
ステロイドを作らなくなってしまう
(または不足)ことで起きる
『アジソン病(副腎皮質機能低下症)』です。

 

アジソン病は慢性の場合には、

*食欲不振

*元気消失

*嘔吐や下痢

などが長期続いたり繰り返したりします。

 

急性の場合は、ショック状態に
陥ったり突然死することもあります。

 

その他、高用量で2ヶ月以上、
または低用量で1年ほどの投与に
よって、

*筋肉の低下

*皮膚の薄弱

*肥満

*肝臓の障害

*糖尿病

*胃や十二指腸潰瘍

*副腎の機能低下

などが起こります。

 

また、ステロイドの一時的な
副作用としては、

*多飲多尿

*食欲増進

がありますが、これはほとんど
の場合見られる短期的なもので
薬の投与をやめればなくなります。

 

ステロイドは人での副作用も
さまざま挙げられますが、犬や猫
は人よりステロイドの副作用は
出にくいとされています。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の膿皮症の治療薬!抗生物質や塗り薬の種類や効果など!
  2. 犬の真菌症の検査や完治までの期間と治療法など!人にうつる?
  3. 犬のアトピーに乳酸菌の作用や効果とは?おすすめサプリも!
  4. 犬の疥癬の検査や初期症状とは?治療薬や注射の効果など!
  5. 犬のアトピー治療の薬!抗ヒスタミン剤の種類や効果など!
  6. 犬の皮膚トラブル対策に効果的!保湿による改善や予防法とは?
  7. 犬の疥癬にシャンプーや薬浴の効果は?オススメの方法など!
  8. 犬のアトピー性皮膚炎に漢方薬の効果や役割とは?痒み軽減も!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP