犬の真菌性皮膚炎の薬(抗生物質や塗り薬)の種類や副作用など!

犬の皮膚疾患の一つ、真菌症は
皮膚糸状菌の感染によって
さまざまな皮膚症状を引き起こす
病気です。

 

円形の脱毛や赤みを伴う丘疹、
またフケやかさぶたなどが
見られ、病変は全身に広がって
重症化していくこともあります。

 

健康な成犬ではあまり見られない
皮膚病ですが、若齢(子犬)
免疫力が落ちている免疫抑制剤
などの薬剤を投与している場合
などに発症しやすい病気です。

スポンサーリンク


治療には、抗真菌剤のお薬や
薬用シャンプーが使われます。

 

こちらでは犬の真菌症の治療
に使われる飲み薬や塗り薬など
についてまとめてみました。

 

<真菌症の治療薬(外用薬)>

 

犬の真菌症で使われる塗り薬で
主なものは以下になります。

 

『イミダゾール系抗真菌薬』

有効成分:ミコナゾール硝酸塩

・フロリードDクリーム1%
・アムリードクリーム1%
・ミコナゾール硝酸塩クリーム1%

など。


出展:https://www.qlife.jp/

強い抗真菌活性と幅広い抗真菌
スペクトルが特徴。

皮膚糸状菌やカンジダや癜風菌
にも有効。

効き目が良く、刺激などの副作用
も比較的少ないため、真菌症の
治療に広く使われています。

副作用:

発赤、紅斑、かゆみ、かぶれ
刺激感(しみる、ヒリヒリ、熱感)など。

 

『アゾール系抗真菌薬』

有効成分:ケトコナゾール

・ニゾラールクリーム2%
・ケトコナゾールクリーム2%
・ニトラゼンクリーム2%

など。


出展:https://www.qlife.jp/

作用、効果はイミダゾール系
抗真菌薬とほぼ同じですが、
アゾール系抗真菌薬は、
脂漏性皮膚炎にも効果があります。

副作用:

発赤、紅斑、かゆみ、かぶれ
刺激感(しみる、ヒリヒリ、熱感)など。

 

スポンサーリンク


<真菌症の治療薬(内服薬)>

 

犬の真菌症で使われる飲み薬
で主なものは以下になります。
有効成分としては外用薬と同じです。

 

『アゾール系抗真菌薬』

有効成分:ケトコナゾール

・ニゾラール錠200mg
・ニナゾル錠200mg

など。


出展:https://osakado.cc/

真菌(カビ)の細胞膜合成を阻害
する効果が高く、増殖を抑える。

猫では副作用が強く出る可能性
がありますので注意が必要です。

副作用:

肝機能障害(肝臓毒性)

犬の場合には高容量で長期服用
の場合に、副作用が出ることが
あります。

 

『トリアゾール系抗真菌薬』

有効成分:イトラコナゾール

・イトリゾールカプセル50
・イトラコナゾール錠50

など。


出展:https://www.sorashido.com/

真菌の細胞膜の主要構成脂質の
エルゴステロールの生合成を阻害、
真菌の増殖を抑制します。

脂溶性で組織から徐々に放出される
ため効果が持続。

犬ではマラセチア皮膚炎にも
使われます。

副作用:

吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、
発疹、痒み、肝機能値の異常

また、相互作用を起こしやすい
ため、他の薬などを服用している
場合には悪影響や副作用が出やす
くなることがあります。

犬の真菌症の治療に効果的な薬用シャンプーや薬浴法など!

 

その他、皮膚の状態によっては、
二次感染の予防、化膿止めの
ために抗生物質が処方される
こともあります。

 

ただし、通常の抗生物質だけでは
真菌への効果はありません。

犬の真菌症の検査や完治までの期間と治療法など!人にうつる?

 

皮膚の状態や重症度、また他の
基礎疾患などによっても治療に
使われるお薬は変わってきます。

 

部分的に1~2ヶ所などでまだ早期
の状態であれば塗り薬と薬用
シャンプーでの治療でも十分
効果はあります。
(ただし完治までには時間はかかる
ことが多いです)

 

全身に広がっている状態や、
真菌症を発症してから時間が経って
重症化している場合には飲み薬を
併用しないと完治は難しい場合が
多いです。
(飲み薬の服用は通常2~3週間)

 

ただし、飲み薬は内臓機能
(肝臓・腎臓など)がしっかりと
していないと服用できません。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です