犬のクッシング症候群の治療薬!作用や効果と副作用について!

犬の副腎皮質機能亢進症
(クッシング症候群)の治療は、
原因にもよりますが、

*外科療法(副腎摘出、下垂体切除)

*内科療法(副腎皮質ホルモン合成阻害剤)

*放射線療法(下垂体に放射線照射)

の3通りあります。

 

ただ、外科療法や放射線療法は
全身麻酔が必要なこともあり、
またこれら3通りの治療法での
生存期間の差があまりないこと
から、ほとんどの場合、投薬に
よる内科療法が第一選択となっています。

スポンサーリンク


こちらでは犬のクッシング症候群
の内科療法で使用される、治療薬
の作用や効果、副作用などを
まとめてみましたので参考にして
ください。

 

<犬のクッシング症候群の治療薬>

 

犬のクッシングは、副腎皮質ホルモン
の過剰分泌によってさまざまな症状
を引き起こす病気です。

 

ですから、治療薬としては、この
副腎からのホルモンを抑制(生合成)
を阻害)するお薬の投与となります。

 

ただし、これらのお薬は投与量の
見極めが非常に難しく、状態の
観察をしながら、慎重にお薬の量
を決めていくようになります。

 

この治療薬で代表的なのが以下の
2種類ですが作用機序が異なります。

*トリロスタン(製品名デソパンorアドレスタン)

3β-ヒドロキシステロイド脱水素酵素
を可逆的に阻害、副腎ホルモンの
合成を抑制。

*ミトタン(製品名オペプリム)

副腎皮質ホルモン産生細胞への
蓄積毒性により、徐々に副腎皮質
細胞を死滅。

 

状態にもよりますが、トリロスタン
の方がミトタンよりも効果が弱めで
副作用も少ないとされていますので、
まずはトリロスタンを使う病院が多いです。

犬のクッシングの血液検査!コルチゾールの数値や診断など!

 

『トリロスタン』

低容量でまずは1日1回から
スタートし、1~2週間は同じ
容量で維持します。

 

ただし、この間に重大な副作用
アジソン病(腎皮質機能低下症)
現れたときには、一旦お薬は中止
となり、場合によっては輸液など
の治療が必要になることもあります。

 

副作用の出現がなければ、
状態を見ながら少しづつ投与量
を増やし、クッシングの症状が
治まってくる状態まで持って行きます。

 

また、投与後にACTH刺激試験
を行い、数値を見ていく場合も
あります。

 

薬の効果には個体差がありますが、
投与量と投与間隔が、その状態
に合えば、多飲多尿は数日で
改善することもありますし、また
他の症状も1~2ヶ月以内に改善します。
(投与頻度は1~2日に1回程度で
落ち着く場合が多いです。)

 

逆に投与量などが合わなければ
症状は改善しません。

 

病院によっても異なりますが、
1~2週ごとに状態を見ながら、
投与量を調節する場合もあれば、
ACTH刺激試験で数値を測り、
投与量を決めていく場合もあります。

 

投与量と投与間隔が決まれば
維持期間に入りますが、その後も
定期的(数週間に一度)な検査が
必要になり、投与の過不足による
副作用やクッシングの症状が出て
いないかをチェックするようになります。

 

*トリロスタンの副作用

トリロスタンの過剰投与に
よってアジソン病になることが
あります。
(元気消失、食欲低下、嘔吐、下痢、
虚脱、ふるえ、高カリウム血症、
低ナトリウム血症など)

 

スポンサーリンク


『ミトタン』

ミトタンも少量からの投与ですが、
症状改善のための投薬量に大幅な
個体差があり有効量に開きがある薬剤です。

 

また、ミトタンは脂溶性のため、
粉末をバターやマーガリンなどに
混ぜて与えると腸での吸収率が
高まるとされています。

 

ミトタンでは投与後、症状が改善
すれば一旦、お薬を中止して様子を
見ます。

 

その後、再発がなければ予後は
良好な場合もありますが、すぐに
再発する場合には維持量での継続
が必要になります。

 

また、トリロスタン同様、
副作用が見られたらすぐに投薬
中止となり、受診が必要になります。

 

*ミトタンの副作用

ミトタンでは急性の副作用として
消化器障害肝障害神経障害
などがあります。

 

またトリロスタンと同じく
アジソン病もあります。

 

その他、状況によっては、

*ケトコナゾール(副腎酵素の阻害)

*Lデプリニル(ACTH放出の阻害)

 

などが使われることもあります。

 

犬のクッシングの治療は、
個体差もあり、また容態の変動
が大きく、なかなか安定した状態
を保つのが難しいとされています。

 

ですから、しばらくは通院の
手間やワンちゃんの様子を注意深く
観察する必要があります。

 

また、副腎皮質ホルモン検査や
お薬などは費用も高めなので大変
かとは思いますが、適切な治療が
行えれば、症状は改善できますし、
良好な状態が維持できれば一般的な
寿命まで生きることも可能です。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です