内分泌(ホルモン)の病気

犬のクッシング症候群!皮膚異常や脱毛の原因と他の症状など!

犬のクッシング症候群は、
体内で副腎皮質ホルモンが
過剰に産生される病気です。

 

そしてこの病気は、症状が
多岐に渡り、また中~高齢での
発症が多いため、症状によっては
加齢による衰えや体の変化だと
思ってしまう飼い主さんも多く、
見過ごされてしまうこともある病気です。

スポンサーリンク


犬のクッシング症候群では、
全身においてさまざまな症状が
現れますが、この病気を疑う
典型的な症状とされるものも
いくつかあり、その中でも見た目
で分かりやすいのが皮膚症状や
脱毛です。

 

こちらでは、
犬のクッシング症候群においての
皮膚の状態や原因(副腎皮質ホル
モンとの関連性)などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<クッシングの皮膚症状>

 

犬では、脱毛や皮膚炎などを
起こす病気はさまざまありますし、
高齢になってくると毛量も減って
くるのが普通です。

 

また、通常は脱毛などを伴う
皮膚の病気は命に関わるものでは
ないというイメージもあります。

 

そのため、あまり深刻に考えず、
すぐに受診されない飼い主さんも
おられます。

 

しかし、クッシングという病気は
命にも関わる重篤な症状も起こります。

 

そして、クッシングによる脱毛や
皮膚症状には特徴があります。

*両側(左右)対称性の脱毛

*皮膚の菲薄化(薄くなる)

*皮膚の石灰沈着(皮膚結石)

などが挙げられます。

 

体の左右対称の脱毛は、犬の
ホルモン性脱毛症の中でも、
特にクッシングで見られる特徴です。
(甲状腺ホルモン異常による脱毛
でも見られることがあります。)


出展:https://www.kitanosato.com/

また、皮膚の菲薄化は高齢に
なってくると普通でも起こります
が、クッシングの場合にはまさに
紙キレのようにペラペラとなります。


出展:http://dermatology-of-dog.sennan-ah.com/

 

そして、皮膚の石灰沈着
一般的な皮膚病では見られること
はほとんどなく、クッシング
での特徴的な症状と言えます。

 

ですから、これら皮膚の状態を
見ればクッシングの疑いがあると
され、また他の症状などと合わせ
疑いが濃厚となれば検査が行なわ
れることとなります。

犬のクッシンングの血液検査!コルチゾールの数値や診断など!

 

<原因(副腎皮質ホルモンと皮膚の関係)>

 

クッシング症候群で過剰に分泌
された副腎皮質(ステロイド)
ホルモンは、同化を抑制異化を
亢進させる作用があります。

 

この同化、異化は簡単に言うと、
代謝(生命が自分自身を維持する
ために行う化学反応)のことで、

同化=体に取り入れた簡単な物質を
複雑な物質(有機物)に合成する過程。

異化=複雑な物質を簡単な物質
分解する過程。

となります。

 

この同化と異化のバランスが
取れていれば、新陳代謝が
正常に行われているということに
なります。

 

そしてこれは皮膚でも起こって
いることです。

過剰な副腎皮質ホルモンによって
同化が抑制され異化を亢進させて
しまうとバランスが崩れてしまいます。

 

それによって、アミノ酸(皮膚の
原料)の取り込みを低下させ、
たんぱく質の合成が抑えられ、
その一方で、すでにある皮膚の
たんぱく質は分解されてしまう
ため皮膚が薄くなってしまいます。

 

また、コラーゲンも異化によって
不足、皮膚の弾力性がなくなります。

 

そして、これら変性した組織に
カルシウム塩が沈着することによって
皮膚の石灰沈着が起きます。

 

さらに、毛周期にも異常をきたし、
毛根が休止してしまい脱毛を
起こします。

 

これらが、クッシングで
見られる特徴的な皮膚症状の
主な原因となります。

 

スポンサーリンク


<他の症状>

 

犬のクッシング症候群では、
他にさまざまな症状が起こります。

 

皮膚異常や脱毛とともに
分かりやすいのが、

*多飲多尿

*食欲増進(異常な食欲)

*肥満

*お腹がポッコリ(膨満)

などです。

 

また、行動の変化として、

*パンティング(あえぐような呼吸)

*筋肉の虚弱・萎縮(足腰の衰え)

*神経症状(視力障害・旋回など
痴呆症状のような症状)

などがあります。

犬のクッシング症候群の治療薬!作用や効果と副作用について!

そして体の中では、

*肝臓の腫大

*内臓脂肪の増加

*高血圧

*精巣萎縮・無発情

*中枢神経障害

などが起こります。

また、原因によっては突然死
可能性もあります。

 

早めの診断、治療が大事です。
異変が見られたら早めに受診
しましょう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の甲状腺機能低下症!皮膚の脱毛などの原因や症状と治療法!
  2. 犬の甲状腺機能低下症の薬!チラージンの効果や副作用など!
  3. 犬の甲状腺機能低下症の血液検査!費用や数値について! 
  4. 犬のクッシングの血液検査!コルチゾールの数値や診断など!
  5. 犬のクッシング症候群の治療薬!作用や効果と副作用について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP