癌、腫瘍

犬の眼球メラノーマの症状や治療、手術(眼球摘出)費用など!

犬の眼内にできる腫瘍で一番
多いのがメラノーマ(悪性黒色腫)です。

 

メラノーマは皮膚がんの一種
人では『ほくろの癌』とも
言われる腫瘍です。

 

犬では口腔内での発症が多く、
悪性度の高い腫瘍とされていますが
眼内で発生したメラノーマは、
良性が多いとされています。

スポンサーリンク


メラニン細胞由来の良性腫瘍は、
『メラノサイトーマ』
悪性のものが『メラノーマ』
なります。

 

虹彩や毛様体などのぶどう膜前部
からの発生が多く、転移率が低い
(約4%)とされています。
ただし悪性の場合は転移率25%
との報告もあります。


出展:http://www.yamashitaganka.com/

こちらでは犬の眼内に発生した
メラノーマの症状や治療、手術
などについてまとめてみました。

 

<眼球メラノーマの症状>

 

初期では、虹彩や毛様体に
茶色や黒っぽいシミのような
ものが発生しますが、この時点
では気付かないことも多いです。

 

これが徐々に進行していくと、
シミ状のものは大きくなって
虹彩全体が濁ったような感じに
なったり、色素沈着したような
状態になり肥厚していきます。

 

そして、ぶどう膜炎から続発性の
緑内障を引き起こすこともあります。

 

症状は進行状態にもよりますが、

*涙目や目ヤニ

*出血や充血

*目が大きく盛り上がってくる

*目が閉じない

*目が見えていない

などが見られます。

 

スポンサーリンク


<眼球メラノーマの治療(手術)法>

 

良性で腫瘍が小さい場合には、
レーザーによって局所的に切除、
または腫瘍を凝固させるという
方法もありますが、再発率が
30~40%となっています。
(病院によっても治療法は異なります)

 

しかし、悪性の場合や、緑内障
なっている場合には、外科手術に
よる切除(眼球摘出)となります。

 

緑内障になってしまうと激しい
痛みを伴います。

 

そして緑内障の治療を行っても
原因が腫瘍なのでそれを取り除か
ない限り治すことはできず、痛み
が続く状態になります。

 

ですから、ぶどう膜炎や緑内障
を起こしている状態では、早め
の手術が勧められます。

 

また、初期で痛みなどもなく、
視力も残っている状態のときには
経過観察を行うこともありますが、
良性か悪性かは、見た目や眼科
検査だけでは判断できません。

 

定期的な眼科検査によって
進行状態を見ていくことが大事
になりますが、強膜への浸潤が
疑われる場合には、悪性度も高く
なり、予後も不良となることが
多いため、早期の手術がベストに
なります。

 

また、悪性であった場合には
転移を起こす可能性もあるため、
眼内だけのうちに早期に摘出を
行うことで根治も望めます。

 

悪性のメラノーマでは眼球摘出
したとしても3ヶ月程度で転移
を起こすこともあります。
(肺や肝臓、腎臓、脾臓、片方の
目など体中のあらゆるところに
転移する可能性があります。)

犬のメラノーマ(悪性黒色腫)の転移~末期症状、余命について!

 

『手術』

眼球摘出の手術(眼球を切除、
まぶたを縫合)は、難しいもの
でもないため、基本的にどこの
病院でもできます。

 

ただし、摘出後に整復を行う場合
には、その方法や技術面は病院に
よってさまざまです。
(眼球があった部分をどうするか)

 

整復はその後の見た目の問題で
すので何も行わない場合でも
外見上、凹んで見えるだけで特
に問題(支障)はなく、何も行わない
病院も多いです。

 

切除した眼球を病理検査に
出すことで良性、悪性の確定診断
が出ます。

 

良性であれば問題ないですが、
悪性の場合には、他に転移が
ないか、3~4ヶ月程度は注意
する必要があります。(定期的な検査)

 

万が一、転移が見られた場合には
抗がん剤や放射線などの治療が
検討されます。

犬の癌など病気にペット用ブロリコの効果や抗がん作用とは?

『手術費用など』

犬の大きさや病院によっても
変わりますが、眼球摘出(片目)だけ
であれば、30,000~50,000円
程度だと思われます。

 

ただ、他に入院や処置、病理検査
などもろもろかかりますので
60,000~80,000円程度は必要に
なると思います。

 

また義眼挿入などを行う場合、
さらに加算されます。

 

愛犬の眼球摘出はとてもショック
で辛いことですが、病状が進行
してからでは痛みなど辛い思いを
させてしまいます。

 

そして、早期に摘出することで
完治も望め、ワンちゃんはその後
元気に暮らせます(特に不自由さ
は感じないことがほとんどです)
ので、あまり悲観的に考えすぎ
ないようにしてくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の肥満細胞腫!グレード(悪性度)による予後や余命など!
  2. 犬の癌には炭水化物や糖質制限が効果的?必要な栄養素とは?
  3. 犬の肥満細胞腫の手術費用や術後の治療、予後について!
  4. 犬のリンパ腫!抗がん剤治療の効果や副作用、費用など!
  5. 犬の癌が自壊(破裂)!痛みや出血,膿など症状や対処法まとめ!
  6. 犬の癌(がん)の検査方法や費用!レントゲンや血液検査で分かる?
  7. 犬のメラノーマ(悪性黒色腫)の放射線治療の経過、予後など!
  8. 犬の癌の免疫療法に世界初の新薬!作用や効果,実用化の時期は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP