生殖器の病気

犬の子宮蓄膿症の検査(レントゲンやエコーなど)や費用は?

避妊手術(子宮・卵巣摘出)を
行っていないメス犬で比較的
多く見られるのが『子宮蓄膿症』です。

 

適切な処置が遅れると助からない
怖い病気ですが、治療が間に合い、
手術が成功、回復すれば完治できる
病気です。

また、避妊手術済みの犬には
起こりません。

スポンサーリンク


子宮蓄膿症も症状によって
すぐに発見できる場合とそうで
ない場合がありますが確定診断
や術前にはいくつかの検査が
必要になります。

 

全身のダメージや麻酔が
かけられる状態か、また子宮の
中の膿の溜まり具合、お腹の中
の状態(膿が漏れていないか)の
チェックをしてから治療に入る
ようになります。

 

こちらでは犬の子宮蓄膿症の
診断、治療に必要な検査や
費用などについてまとめてみました。

 

<必要な検査>

 

子宮蓄膿症には、開放型
閉鎖型があり、開放型であれば
陰部からの膿の流出があるため
分かりやすいです。

 

逆に閉鎖型は膿が子宮内に
留まっているため、外見から
見ても分かりません。

犬の子宮蓄膿症!開放型と閉鎖型の症状や危険性の違いとは?

 

開放型であれば、子宮蓄膿症と
すぐに診断できますが、子宮や
お腹の中の状態を確認するため、

*レントゲン検査

*超音波(エコー)検査

*血液検査

が必要になります。

 

子宮の状態だけ診るのであれば
超音波だけでも大丈夫なの
ですが、お腹全体の状態を
確認(子宮以外の異常がないか)
するにはレントゲン検査が必要と
なります。

 

また超音波ではほんの少しの膿の
貯留でも分かりますが、レントゲン
ではある程度の貯留がないと
分かりづらい場合があります。

 

そして、閉鎖型では症状や問診に
よってある程度の予測はできる
場合もありますが、まずは血液検査
からになることが多いです。

 

子宮蓄膿症では、主な症状に
多飲多尿、食欲不振などが
挙げられ、これは他の病気
(腎不全や糖尿病、クッシング)
などでも見られるため、まずは
それらの判別のための血液検査
が必要になります。

 

そして追加で、もしくは最初から
レントゲンor超音波検査も
行うようになります。

 

スポンサーリンク


<子宮蓄膿症の診断>

 

閉鎖型か開放型かによって、
また膿の溜まり具合によっても
多少見え方は変わりますが、
子宮蓄膿症の場合、レントゲン
検査では液体を含んで白く大きく
なった子宮が確認できます。

 

また超音波検査(エコー)でも
同様に子宮に液体の貯留が確認
できます。

 

これらの画像診断で子宮蓄膿症の
疑いが濃厚となりますが、同じく
子宮内に液体が溜まる『子宮水腫』
という病気があります。

 

子宮水腫は子宮蓄膿症ほど
危険な病気ではないですが、
この子宮水腫との鑑別には
血液検査の数値が重要となります。
(開放型で膿が確認できていれば
子宮蓄膿症確定です。)

 

血液検査では、子宮蓄膿症がまだ
初期の場合などは特に異常が出ない
こともありますが、白血球の数は
増えていることが多いです。

 

この白血球数とともに、好中球の
炎症の所見によって子宮水腫との
判別ができます。

 

また、子宮蓄膿症で全身状態が
悪化してくると腎臓にも影響
出てきます。

 

そして血液検査の数値によって、
全身の状態(ダメージ)を把握する
ことができます。(重体度)

犬の子宮蓄膿症の内科的治療の方法、経過や予後について!

 

<検査費用>

 

レントゲンと超音波検査は
犬の大きさによって変わりますが、

レントゲン3,000~7,000円

超音波検査3,000~6,000円

 

血液検査は、項目数によっても
変わりますが、

血液検査5,000~7,000円

程度が一般的です。

 

状態にもよりますが、子宮蓄膿症
は緊急疾患ですから、すぐに
(または当日中)手術になることが
多いです。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬のでべそ(臍ヘルニア)の手術や費用など!大きくなると危険!?
  2. 犬の誤飲による内視鏡手術の方法や手順、費用などについて!
  3. 犬の椎間板ヘルニアの検査法(脊髄造影・CT・MRI)や費用など!…
  4. 犬のてんかんの検査方法や費用など~診断までの流れ~!
  5. 犬の子宮蓄膿症の手術費用や入院期間、術後管理や予後など!
  6. 犬の椎間板ヘルニアの手術!成功率や術後の経過、費用など!
  7. 犬の健康診断はいつ(何歳)から必要?頻度や最適な時期は?
  8. 犬の歯石除去と抜歯、麻酔にかかる費用や方法まとめ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP