癌、腫瘍

犬の乳がんの末期症状と延命や緩和治療、余命について!

犬の乳がんでは治療で根治が
望めない場合には、徐々に
進行していきやがて末期を
迎えます。

 

飼い主さんにとってはとても
辛く、しかし向き合わなければ
いけないことです。

 

だんだん弱っていく愛犬に
何かしてあげられないか・・
何をすればいいのか・・
体はどんな状態なのか・・
痛みや苦しみは・・?

スポンサーリンク


こちらでは犬の乳がんの末期
の症状や体の状態、延命や緩和
のための治療、自宅でできる
ケア、そして余命などについてまとめてみました。

 

<犬の乳がんの末期の症状>

 

乳がんの末期は、いわゆる
ステージⅣと言われる段階で
乳癌の大きさや数に関わらず、
所属リンパ節に転移+遠隔転移
(他の臓器への転移)が見られる
状態です。

 

そして乳腺の癌は、それまでの
手術の有無や進行状況によっても
状態はさまざまですが、切除できて
いない場合は、大きくなり自壊
(じかい)していることがほとんどです。

犬の癌が自壊(破裂)!痛みや出血,膿など症状や対処法まとめ!

 

そして、ほとんどの場合、肺への
転移が見られ、肺がんの症状も末期
になってくると胸に水が溜まって
(胸水貯留)くるため、激しい咳や
嘔吐、また呼吸困難の症状が見られ
るようになります。

 

そして、乳がん末期では、他の
さまざまな臓器への転移など
全身に癌が広がっていることから、

*貧血

*下痢や嘔吐

*食欲減退

*黄疸

*浮腫(むくみ)

*動かない(動けない)

*咳や呼吸が荒くなる(肺がん)

*栄養失調(がん悪液質による)

*自壊した腫瘍の痛みや腐敗臭

などが見られます。

 

<乳がん末期の治療>

 

どこまで延命治療を続けるかに
もよりますが、あきらめずに
治療を継続する場合には、
抗がん剤免疫療法などが
行われます。

 

ただし、全身状態によっては
積極的な治療は行えない場合も
あります。

 

延命を行わない場合、また積極的
治療が行えない状態の場合は、
最低限、苦痛を軽減させてあげる
ための対処療法が行われます。

 

体の状態にもよりますが、

*乳がんの自壊があればその治療

*胸水貯留があれば胸水を抜いたり、
利尿剤の投与など

*痛みの緩和のための鎮痛剤の
投与や注射

*呼吸困難があれば酸素吸入

*皮下輸液や栄養剤の投与

など、そのときの症状に応じた
治療が行なわれます。

 

これらは緩和のための治療で
あって延命治療とは違いますが
結果、これらが多少は延命にも
つながるとは言えます。

 

スポンサーリンク


<乳がん末期の自宅でのケア>

 

そのときの状態にもよりますが、
基本的な考え方としては、
極力ストレスを与えないように
楽に過ごさせてあげるためのケア
を行うことがメインになります。

 

そのためには、

*痛みを緩和
(病院から処方される鎮痛剤や
抗生物質の投与)

*温度管理
(体温調節ができなくなるため
低体温になったり逆に高熱に
なることも、室温は少し高めで)

*自壊創の消毒など
(腫瘍が自壊している場合は毎日
の消毒が必要)

*強制給餌
(これは場合にもよりますが、
食欲があるようならなるべく
食べさせるようにしましょう)

 

その他、症状によって自宅でも
できる治療やケアを獣医師に
教えてもらいましょう。

 

また、どの程度の延命を行うかに
よって治療法も変わってきます。
そしてそれは飼い主さんが決める
ことです。

 

しっかりと気持ちと要望を伝えて
それに合った治療をお願いしましょう。

犬の癌の最期~安楽死の決断~方法や費用について! 

 

<乳がん末期の余命について>

 

犬の年齢や転移の状態にもよります
が、末期で治療を行っても全身状態
の改善が見込めない場合には、
早ければ数週間~長くても3ヶ月程度
と宣告されると思います。

 

ただし、それまでの治療の経過や
延命のための積極的な治療を行う
場合にはまた変わってきます。

 

薬剤の効果や反応はさまざま
ですし、また個体差もあります。
そして、その子が持つ生命力も
関係してきます。

 

ですから、余命というのは、
あくまでも一般的なデータの平均
からみて予測するものであって、
実際の数値は下と上では大幅な
開きがあるものですし、治療実績
もさまざまです。

 

飼い主さんにとっては愛犬の最期
を想像しなければならず、そこに
向き合うのは相当の辛さがある
と思います。

 

しかし、残された時間をその長さ
で測るのではなく、いかに苦痛を
少なく過ごさせてあげるか・・
喜ぶことをしてあげられるか・・
幸せに暮らさせてあげるか・・

それが一番大事なことではないでしょうか。。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の癌には炭水化物や糖質制限が効果的?必要な栄養素とは?
  2. 犬の癌が自壊(破裂)!痛みや出血,膿など症状や対処法まとめ!
  3. 犬の癌にピロキシカムの作用や効果とは?副作用についても!
  4. 犬の肥満細胞種に分子標的薬イマチニブの効果や副作用は?
  5. 犬の腫瘍(がん)の痛みを緩和!鎮痛剤(痛み止め)のお薬など!
  6. 犬の癌による足の切断(断脚)!手術の経過や痛み、予後など!
  7. 犬の肥満細胞腫!グレード(悪性度)による予後や余命など!
  8. 犬の癌にステロイド(プレドニゾロン)の効果や副作用など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP