薬やサプリなど

犬の口臭にビオフェルミンは効果的?量や与え方,注意点など!

乳酸菌は腸の健康はもちろん、
お口の健康も守ってくれます。

 

まさに万能な健康食品の
一つですよね。

 

ですから、人間だけでなく犬や
猫などのペットにも乳酸菌の
有用性が認められ、さまざまな
乳酸菌サプリなども増えてきていますね。

スポンサーリンク


特に犬は口臭が気になるという
飼い主さんが多く、乳酸菌を
試してみようと思われる方も
多いようです。

 

乳酸菌は体の最大の免疫器官の
『腸』も整え、それが体全体の
健康に良い結果をもたらします
ので、一石二鳥ですしね。

 

そして、人でも今ではさまざま
な乳酸菌のサプリがありますが
その中でも王道とも言える歴史
を持つのがビオフェルミンですね。

 

ただ、ビオフェルミンは、
サプリメントの分類ではなく
『医薬部外品』です。

 

ビオフェルミンは愛用されて
いる方も多いようですし、何より
価格的にも手頃なので気軽に飲め
て続けやすいというのもあるようです。

 

また、医薬部外品はサプリとは
異なり、その効用などについて
厚労省や都道府県知事から承認を
得ているため、効果や品質的にも
信頼されやすいようです。

 

ですから、ビオフェルミンを
愛犬にも・・
という飼い主さんも多いです。

 

ただ、
人用だし犬に与えて大丈夫?
効果はあるのかしら?
量や与え方は?

などの不安もあると思います。

 

そこでこちらでは
犬にビオフェルミンの効果や
与え方などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<犬にビオフェルミンを与えて大丈夫?>

 

ビオフェルミンの成分は、

*3種の乳酸菌(ビフィズス菌・
フェカリス菌・アシドフィルス菌)

*胃酸を中和するお薬(沈降炭酸カルシウム)

その他、添加物が入っています。
(錠剤か細粒かで少し変わります)

 

まさに乳酸菌のお薬と言う成分で
薬品の一種になりますが、基本的
に犬に与えても問題ないとされます。

 

ただし、何らかの基礎疾患や他
の薬剤を飲んでいる場合などは
必ず獣医師に確認してください。

 

また、ビオフェルミンの用途
にもよりますが、あくまでも
人用のお薬ですので、乳酸菌と
しての目的の場合、ペット用の
乳酸菌を推奨する獣医師が多いです。

どちらかと言うとビオフェルミン
は、お腹の不調に対しての効果
を期待しての服用がメインとなります。

 

ですから、口臭の原因が口腔内
や他の病気にない場合などに
腸内の細菌バランスを整えて、
少しでも口臭の軽減を・・という
目的であれば試してみても良い
かとは思います。

犬の口臭!腐敗臭やアンモニア臭で考えられる原因や病気!

 

<犬の口臭にビオフェルミンの効果とは>

 

乳酸菌にもさまざまな菌種があり、
それぞれの特性があり、細かな
効能や効果は変わってきます。

 

ただ基本的には善玉菌を増やし、
悪玉菌を退治することで腸内細菌
のバランスを保つ。
それによって整腸効果や健康維持、
また免疫力をあげる・・

という目的は同じです。

 

そして、犬の善玉菌は『乳酸桿菌』
です。
人はビフィズス菌、猫は腸球菌です。

 

ビオフェルミンでは、
『アシドフィルス菌』が乳酸桿菌
の一種ですので犬の善玉菌を
増やす効果も期待できます。

 

ですから、胃腸からくる口臭の
場合には、効果はあると考えられます。

 

ただ、口腔内からくる口臭の
場合には、ビオフェルミンは効果
がないとは言いませんが、他の
乳酸菌の方が効果はあります。

 

口内細菌に効果的な乳酸菌と
されるものの方がより効果は期待
できると言えます。

詳しくはこちら↓

犬の歯周病や歯槽膿漏に乳酸菌の効果とオススメのサプリなど!

 

<ビオフェルミンの量や与え方・注意点など>

 

犬用(ペット用)の乳酸菌であれば
用量は記載されていますが、
ビオフェルミンは人用ですので
与える量は、おおよその体重換算、
または乳幼児への投与量を目安に
しましょう。

 

また、特に最初は様子を見ながら
少なめからスタートするのが
安心です。

 

体重5kg以下の小型犬の目安で

ビオフェルミン錠剤:
1日あたり1錠を目安に
できれば2回に分けて

ビオフェルミン細粒:
1日あたり約0.3g(添付のサジで
1杯分をできれば2回に分けて)

はじめはこのくらいの量で状態を
見ながら問題なければこの倍程度
の量に増やして大丈夫です。

 

飲ませ方・与え方は基本的には
どんな方法でも飲めれば問題
ないですが、ビオフェルミンの
添付文書では、食後に服用となっています。

 

ただ、そこはあまり気にする
必要はないようですので食事に
混ぜて飲ませるのが一番楽だと
思います。

 

【副作用や注意点】

 

乳酸菌ですから、ひどい副作用の
心配などはあまりないのですが、
人の場合だと、

・下痢になる
・便秘になる
・お腹が張る

などの副作用が挙げられています。

 

同様の副作用が犬の場合にも
見られる可能性はありますが、
副作用というよりも乳酸菌が
合う合わない・・ということも
あるようですので、まずは少量
から試して様子を見るようにしましょう。

 

また、ビオフェルミンには、
添加物が入っています。

・トウモロコシデンプン
・デキストリン
・あめ粉
・沈降炭酸カルシウム

これらは一般的な薬剤などにも
使われる添加物ですから、
基本的には無毒とされています。

 

ただ、添加物の害については
さまざまな指摘もありますから、
私個人的には乳酸菌を与えるの
であれば無添加で長期続けても
体に負担がかからないものをオススメします。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の認知症に漢方薬は有効?その役割と作用、効果について!
  2. 犬の膀胱炎の対策にクランベリーサプリの効果やおすすめなど!
  3. 犬の分離不安症の薬の種類や効果は?副作用や注意点など!
  4. 犬の癌にミドリムシ(ユーグレナ)の作用や抗がん効果とは?
  5. 犬の癌にアガリクスの効果は?効能や抗がん作用などまとめ!
  6. 犬の股関節形成不全にサプリメントの効果は?オススメなど!
  7. 犬の下痢に抗生物質やステロイドが処方!効果や副作用など!
  8. 犬の歯磨きの重要性(大切さ)とは?寿命との関連性について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP