避妊・去勢手術について

犬の避妊手術!腹腔鏡手術(内視鏡)のメリットや費用など!

近年、動物医療も目覚しく
進歩を遂げています。

 

人のペットに対する価値観が
上がっている証拠ですよね。

 

番犬やペットというより、
家族の一員として迎えるのが
当たり前になってきていますしね。

スポンサーリンク


だから当然、長生きさせたいし
病気にさせたくない。

 

もし何かあれば最高の医療を・・
と思う方も多いです。

 

そして今やそれが叶う時代に
なってきていますから。

 

CTにMRI、放射線治療に
抗がん剤、免疫療法などなど
人間の医療にも匹敵するほどの
高度な医療(機材や技術)が受け
られる病院が少しづつですが増えてきています。

 

そして、腹腔鏡手術もそうですね。

体への負担を最小限にするため
の手術法です。

 

特に犬猫の場合、病気ではなく
健康な体にメスを入れる避妊手術
などは、なるべく負担をかけずに
手術を・・と思う飼い主さんが
多いですよね。

 

そこでこちらでは腹腔鏡での
犬の避妊手術について、通常の
開腹手術との違いやメリット、
デメリット、費用などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<腹腔鏡手術とは>

 

腹腔鏡は内視鏡のことですが
体のどの部位に入れるかに
よって名前が変わり、内視鏡
をお腹(腹腔)に入れるため、
腹腔鏡と言われます。

 

腹腔鏡手術はお腹の中(腹腔)を
テレビカメラに映し出し、その
映像を見ながら、特殊な鉗子や
メスを挿入して手術を行う方法です。


出展:https://www.olympus.co.jp/

通常の開腹手術の場合、
目視で臓器を確認しながらの
手術になりますので、ある程度
の術野が必要になり、その分
お腹も大きく切るようになります。

 

そのため、開腹手術の場合、
犬の大きさや獣医師の技術にも
よりますが、傷口は4cm~10cm
ほどになります。
お腹の真ん中を縦に切ります。

 

これが腹腔鏡手術の場合は、
カメラ挿入ヶ所、鉗子やメスなど
の挿入ヶ所の計2~3ヶ所を1ヶ所
あたり5mm~1cm程度の切開
のみで行えます。

 

そのため、小さな傷が2~3個
(1ヶ所あたり縫合も1~2針程度)
で開腹というイメージがあまり
なく、ワンちゃんに与える負担
も少なく、術後の回復も早いと
されています。

 

スポンサーリンク


<腹腔鏡手術の手順>

 

腹腔鏡手術は、術式だけ異なる
だけなのでそれ以外の全身麻酔
などの手順は通常の開腹手術と同じです。

犬の避妊手術の流れ~絶食や手術,入院から退院後のケアまで!

全身麻酔

毛刈り、消毒(お腹全体)

各モニター装着

お腹の真ん中に穴をあける(切開)

穴からトロッカー(筒)を入れ炭酸
ガスを入れる(視野の確保で腹腔内
を膨らませるため)

トロッカーにカメラを入れる

他の穴もあける(手術器具の穴)

モニターを見ながら手術
(卵巣切除→子宮切除)

切除した子宮卵巣を穴から取り出す

切開部分を縫合して終了
(各部位一針程度)

となります。

 

開腹手術の場合はこれらは一ヶ所
の切開部位で行い、卵巣や子宮の
結紮や切除などはその臓器を
お腹から引っ張り出して行います。

 

腹腔鏡の場合はそれらが全て
お腹の中で行われ完了します。

 

手術時間は犬の大きさや獣医師の
技術によって大きく変わりますが、
慣れている先生だと通常の開腹手術
よりも早く終えることができます。

 

しかし、まだ経験の浅いような
先生の場合だと、通常の開腹手術
よりも時間がかかってしまうこと
もあります。

 

その他、通常の開腹手術より、
器具の準備やセッティングに
少し時間がかかる場合があります。

 

<腹腔鏡手術のメリット>

 

*傷跡が小さい

通常の開腹手術に比べると
1/2~1/3程度の傷で済みます。

 

*痛みが少ない

臓器を引っ張り出したりせず
お腹の中で手術が完了するため、
術後の痛みが少ないです。

 

*術野(お腹の中)が良く見える

拡大鏡で見ることができ、
肉眼よりも鮮明に見えるため、
手術が行いやすく、また開腹では
見えにくい部位も見ることができます。

 

*お腹の中の環境を保てる

臓器を外気に触れさせずに
湿潤環境を保ったまま手術が行える
ため、術後の胃腸の回復が早く、
臓器の癒着なども少ないです。

 

*縫合糸による組織反応の心配がない

通常の開腹手術では臓器の切除部位
を糸を使い縫合しますが、腹腔鏡
手術では、超音波メスで切開、
止血、凝固を行うため縫合の必要
がありません。

 

*入院期間が短い

病院にもよりますが、犬の負担が
少ないため、日帰りで行うところ
もあります。(各病院に確認してください)

 

何かとメリットが多い腹腔鏡
手術ですが、もちろんデメリット
もあります。

*費用が高い

特殊な器具や技術が必要でコストが
かかるため。

 

*手術時間が長くなる可能性

前述しましたが、執刀医や
お腹の中の状態によっては
開腹よりも時間がかかってしまうことも。

 

*合併症

腹腔鏡手術特有の合併症の可能性。
(炭酸ガス注入に伴う皮下気腫、
空気塞栓、トロッカー挿入に伴う
臓器損傷や抜去時の出血など)

ただし、合併症はどんな手術
でも可能性はあります。

 

*腹腔鏡手術が行えない

臓器癒着があったり腹腔内の状態
によっては腹腔鏡での手術が行え
ず、開腹手術への切り替えになる
場合もあります。

犬の全身麻酔のリスク!体の負担や副作用,後遺症や死亡率など!

<腹腔鏡手術の費用>

 

通常の開腹手術の場合、
犬の大きさや犬種にもよりますが
30,000~60,000円程度です。
(麻酔、入院など含む)

 

これが腹腔鏡の場合には、
50,000~100,000円程度
設定のところが多いです。

 

高額ですが・・
これを高いと思うか・・一生に
一度のことだし・・と思うのかは
飼い主さんによっても変わる
ところだと思いますが。。

 

ただし、まだ腹腔鏡手術を行う
病院は少ないです。

 

専用機材も必要ですし、獣医師
も特殊な技術をマスターしなければ
いけないため、ある程度の大きな
規模の病院でないと実践は難しいようです。

 

正直、ワンちゃんの負担を少なく
と考えれば腹腔鏡手術がいいとは
思いますが、通常の開腹手術でも
上手な先生だと流れるような手際
で傷口も小さく、時間も早く終える
ことができます。

 

腹腔鏡手術でもあまり慣れて
いない先生で時間かけられて
さらに高額では・・と考えると
どっちがいいとは言えないかも
しれません。(個人的な意見ですが)

 

外科手術は獣医師の腕によって
かなり違いが出ますので。

 

愛犬の避妊手術を腹腔鏡で・・と
お考えの方は、実施している病院
を調べてみて良く話しを聞いて
みてくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の去勢はいつまでにすると良い?手術すると大人しくなる?
  2. 犬の想像妊娠!偽妊娠の原因や症状(行動や期間)と対処法など!
  3. 犬の避妊手術の必要性とは?手術による弊害や体の変化など!
  4. 犬の避妊手術の流れ~絶食や手術,入院から退院後のケアまで!
  5. 犬の避妊手術は何ヶ月でするのがベスト?何歳までできる?
  6. 犬の避妊手術後のエリザベスカラー装着期間はいつまで?
  7. 犬の去勢手術後の経過(痛みや腫れ,食欲や元気など)について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP