介護やケアなど

犬の避妊手術後のエリザベスカラー装着期間はいつまで?

犬や猫は気になるところが
あるとそこをペロペロと
舐めてしまいます。

 

動物は舐めて傷を治す・・
なんて言われることもあります
けど舐めない方が早く治ります。

 

口の中は細菌でいっぱい。
舐めるということはあえて
細菌を患部に塗りつけている
ようなものですから。

スポンサーリンク


ただ、
『舐めちゃダメよ。
舐めると治らなくなるし、
余計ひどくなるから舐めない
ようにね!』

と言っても犬にはそれが分かりませんよね。

 

賢いのでダメだと言われている
のは分かりますがそれがなぜ?
なのかまでは分かりません。

 

だから飼い主さんに怒られない
ように見えないところで舐めよう
とします。

 

だから、犬や猫には
エリザベスカラーなる大げさ
なネーミングの迷惑極まりない
(犬猫にとっては)ものが必要に
なります。

 

エリザベスカラーは手術後の傷口
を舐めさせないようにするためや
皮膚病など痒みがある場合に
舐めたり噛んだりして悪化させない
ためなどに使用されるものです。

 

また、顔や頭部、目などに異常が
あるときには後ろ足でそこを
引っ掻けないように装着される
こともあります。

 

つまり、エリザベスカラーは
患部を守る、悪化させない、
傷の上がりを早くする、
ためには欠かせないものなのです。

 

でもそれが分からない本人(犬)
にとってはとても窮屈で動きにく
くてイヤなものです。

 

また、神経質な子などはそれに
よって食事を食べなくなったり
動かなくなったり、イジけた感じ
にしょんぼりしてしまう子もいます。

 

飼い主さんもそんな愛犬の姿を
見ていると可哀想になってしまいますよね。

 

いつまでエリザベスカラー付けて
なきゃいけないの?
慣れるのかしら?
などなど・・

 

そこで今回は犬の避妊手術(去勢)後
エリザベスカラーの必要性
装着期間などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

スポンサーリンク


<術後のエリザベスカラーの必要性>

 

カラーは傷口を舐めないように
するものです。

 

犬によっては舐めるだけでは
飽き足らず、糸を噛んだりして
しまうこともあるためやはり
その予防策は必要になります。

 

ただし、手術後のケアは病院に
よって異なります。

 

通常、病院では手術後にまず傷口
にテープを貼ります。
これはどこの病院でも一緒です。

 

その後、舐めないようにカラーを
装着する病院も多いですが、
腹帯のような術後服を着せる
ところもあります。

 

カラーも貸し出しのところもあれば
購入になるところもあります。
色々です。

 

つまり、舐めさせないことが目的
なわけですから、必ずしもカラー
でなければいけないということは
ないのです。

 

ですから今は市販でも犬用の術後服
などの販売もされていますよね。

 

<いつまで装着?>

 

基本的には抜糸するまでです。
抜糸までの日数は病院によって
変わりますが1~2週間です。

 

シャンプーなどは抜糸後2~3日
空けてから・・と言われますが
カラーは抜糸してしまえば外して
問題ないです。

 

ただ、万が一のことを考えると
抜糸まで装着が安全ですが、
基本的には術後1週間も経って
しまえば健康な子であれば傷口は
しっかりとくっ付いてます。

 

また、その子の性格にもよりますが
カラーをせずとも傷口を気にしない
舐めない子もいます。

 

術後すぐはやはり痛みや違和感
などがあるため、気になることは
多いようですが、数日経てば
気にしなくなる子も多いです。

 

皮膚病やケガなどの傷と異なり、
手術は清潔な状態で行われて
いますので皮膚の縫合部位も
痒みや炎症などは起きてないので
そこまでしつこく舐めることは
あまりないのです。(性格にもよる)

 

また、手術後は化膿止めの
抗生物質のお薬も服用しますので
傷口が炎症を起こすこともまず
ありません。

 

舐めたりしていないのならカラー
は必要ないわけです。

 

ですから、飼い主さんが見てられる
時には外してあげても問題はない
のです。

 

食事のときや散歩のときなど・・
舐める可能性のない時は
外してあげて、飼い主さんが
見ていられないときには装着
しておく・・といった感じでも
いいわけです。

 

*ただし、カラーに慣れさせたい
のであれば終始付けっぱなしの方
が早く慣れます。

 

ですから、そこは飼い主さんの
裁量一つで状況を見ながら決めて
大丈夫です。
病院では付けっぱなしにしといて
ください・・と言われると思いますが。

 

ただ、舐めていないと思っていて
も秘かに隠れて舐めていたりする
場合もあるのでたまに傷口のチェック
は必要になりますが。
(舐めていると赤くなったり腫れて
きます。)

 

この術後の傷口に対する執着(?)
は非常に個体差があります。
ですからご自分の愛犬に合った
対策が必要になります。

 

また、カラーが極端に苦手な子や
食事を食べなくなってしまうよう
な子の場合には、術後服などを
着せてあげる方がいいかもしれませんね。


普通の服でもお腹の傷口が
隠れるタイプであれば大丈夫ですが
通常はお腹のところは空いている
ものが多いため、術後服がオススメです。

 

また、飼い主さんのお古の服
などを使って手作りでお洋服を
作ってあげてもいいと思います。

 

ちなみに少しくらい舐めた
くらいで傷口が開くことはまず
ありませんが舐めない方が傷跡
はキレイにあがります。
(時間が経てばあまり分からないですが)

 

また、噛んだりして糸を切って
しまった場合には術後数日では
一部縫合部位が開いてしまうことも
ありますが表面だけですので
命に関わるようなことはまずありません。

 

抜糸までの我慢です。
なるべくワンちゃんに負担が
かからないように色々と工夫して
あげましょう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の去勢手術後の経過(痛みや腫れ,食欲や元気など)について!
  2. 犬の避妊手術の必要性とは?手術による弊害や体の変化など!
  3. 犬の老衰は何歳から?前兆や症状(体の状態)と寿命について!
  4. 犬の避妊手術!腹腔鏡手術(内視鏡)のメリットや費用など!
  5. 犬の老衰の末期症状や最期、看取りや安楽死について!
  6. 犬の風邪の治療法(薬や注射、点滴など)と自宅での対処法など!
  7. 犬の避妊手術の流れ~絶食や手術,入院から退院後のケアまで!
  8. 犬の去勢はいつまでにすると良い?手術すると大人しくなる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP