犬の寄生虫(皮膚)の種類や画像と検査や治療にかかる費用など!

犬の皮膚の表面や内部に寄生
する虫を外部寄生虫と言います。

 

お腹(腸内)に寄生するのは、
内部寄生虫(腸内寄生虫)です。

 

外部寄生虫はノミやダニなど
肉眼で確認できるものも
いますし、痒みが出たり、脱毛や
皮膚炎を起こすことが多いため
飼い主さんでも異変に気付きやすい
と言えます。

スポンサーリンク


外部寄生虫は特に気温が高く
なる時期、春~夏にかけて
活動が活発になるため、感染、
発症することが多くなります。

 

犬の場合は、室内飼育でもお散歩
でお外に行くことも多いため、
寄生虫の予防対策をしていないと
高い確率で感染してしまいます。

 

そこでこちらでは犬の皮膚に寄生
する外部寄生虫について画像など
も交え、治療法などについてまとめ
てみましたので参考にしてください。

内部寄生虫はこちら↓

犬のお腹(便)の寄生虫!種類や画像と検査や治療の費用など!

 

<寄生虫の種類や画像>

 

犬の皮膚に寄生する虫は、
代表的なもので、

*ノミ

*マダニ

*シラミ

などです。

 

また、皮膚の中に寄生するのが

*疥癬(かいせん)=ヒゼンダニ

*耳ダニ(ミミヒゼンダニ)

*毛包虫(アカラス)=ニキビダニ

などです。

 

<ノミ>

 

犬猫に寄生するノミは、イヌノミ
とネコノミの2種類ですが、
近年は犬に寄生しているのも
ほとんどがネコノミです。
(地域にもよる)

 

ネコノミは、
オスで1.2~1.8mm
メスで1.6~2.0mm
の大きさです。

ws000010

ws000012
出展:http://www.nikkei.com/

犬の体に寄生したノミは、
吸血をし、メスは一日に10個
以上の卵を産みます。

 

成虫の寿命は約2~3ヶ月
その間、吸血と産卵を繰り返し
生涯に約400個の卵を産みます。

 

ノミは動きが素早いため、成虫
を見つけるのはよほど多数が寄生
していないと難しいです。

 

そのため、ノミの寄生を確認する
ためには、ノミの糞を探すのが
一番分かりやすいです。


出展:http://blog.tarumioasis.com/

黒っぽい砂のような粉のような
ものが皮毛に付着しています。

特に背中~腰、尻尾の付け根
あたりに多く見られます。

 

そしてノミは吸血するため、
糞は水に濡らすと赤褐色になります。


出展:http://blog.livedoor.jp/ikeno_animal/

 

検査・治療・費用など:

ノミは目視で糞を確認できるため、
特別な検査は必要ありません。

 

治療はノミの駆除薬の塗布だけ
ですが、ノミアレルギーで皮膚に
炎症を起こしている場合などは
抗生物質や抗炎症などの飲み薬
が必要になることもあります。

 

また、ノミの媒介によって、
腸内寄生虫の瓜実条虫に感染する
可能性があります。

 

ノミ駆除薬は病院によっても
変わりますが、フロントラインや
レボリューションなどが使われます。

 

費用は体重にもよりますが、

ノミ駆除薬/1,200~3,000程度。
アレルギー治療/3,000~5,000円程度。

 

駆除薬は毎月1回の塗布が必要に
なります。

<マダニ>

 

マダニは吸血することによって
どんどん成長していき、吸血前
と吸血後では100~200倍近く、
大きさに違いがあります。

 

そのため、大きくならないと
気付かないことが多いです。

未吸血時は2mm程度の大きさです。

ws000015
出展:http://www.bayer-pet.jp

成ダニは犬の体に寄生すると
3~10日間吸血し、その後は
地上に落ちて産卵します。

 

マダニは体のどこにでも寄生
しますが特に目のフチや耳、口の
周辺など被毛の少ない部分に寄生
することが多いです。


出展:http://www.mone-pet.com/


出展:https://blogs.yahoo.co.jp/familyah/

最初はダニだと分からず、
イボかできものだと思って
しまうことも多いです。

 

マダニはのこぎりのような口を
皮膚に刺し、吸着物質を分泌して
口を皮膚に固定して吸血します。

 

そのためマダニは犬が引っ掻いたり
人が引っ張っても簡単には取れません。

 

無理に引っ張ると口の部分だけ
皮膚の中に残ってしまい、後に
炎症を起こすことがあります。

 

そして、マダニは

・バベシア症
・ライム病
・Q熱
・SFTS

などを媒介します。

 

検査・治療・費用など:

マダニも目視で確認できるため、
特別な検査などは必要ありません。

 

治療はマダニの駆除になりますが、
病院では直接マダニを取ることも
ありますし、駆除薬の塗布だけの
場合もあります。

 

いずれにしろ、その後の予防の
ためにも月に一度の予防(駆除)
のお薬が必要になります。

 

マダニではノミのような皮膚炎
を起こすことはあまりないため、
大量寄生で他に問題が出ているよう
なことがなければ治療は駆除だけ
になります。

 

費用は体重にもよりますが、

ダニ駆除薬/1,200~3,000程度。
(ノミ駆除薬と同じものです。)

 

<シラミ>

 

犬に寄生するシラミは、

*イヌシラミ

*イヌハジラミ

です。

 

イヌシラミは吸血しますが、
イヌハジラミはフケなどを
食べて生きるため吸血はしません。

 

多いのはイヌハジラミです。

 

シラミは一見するとフケの
ような感じですが、じっくり
観察すると動いているのが
確認できます。


出展:http://blog.livedoor.jp/inunekoblog/

大きさは幼虫で1mm、
成虫で2mm程度。

 

成虫の寿命は2~3週間。
卵は産み付けられてから
10~20日で孵化します。

ハジラミ↓

出展:http://www.r20.7-dj.com/

シラミが寄生すると皮膚炎や
痒みを引き起こします。
また、進行すると皮膚や毛の
べた付き、脱毛などが起こります。

 

また、ハジラミは条虫の中間宿主
でもあるため、犬がハジラミを
食べてしまうと、条虫に感染する
ことがあります。

 

犬のシラミが人間に移ることは
基本的にはありません。
(宿主特異性が高いため)

 

検査・治療・費用など:

シラミは肉眼でも確認できますが
顕微鏡にて確認することもあります。

 

治療はシラミの駆除です。
駆除薬はノミやマダニと同じ
ものが使われます。

また、皮膚炎などを起こして
いる場合は、その治療も必要に
なります。

 

費用は体重にもよりますが、

シラミ駆除薬/1,200~3,000程度
皮膚炎治療/3,000~5,000円程度

また、状態によっては
薬用シャンプーなどが必要に
なることもあります。

 

スポンサーリンク


<疥癬(かいせん)>

 

皮膚の内部に寄生し、激しい痒み
を伴うのが疥癬症(ヒゼンダニ)です。

 

ヒゼンダニは、肉眼で見ることは
できない小さなクモに似た寄生虫
で、皮膚の中に穴を掘っていき、
潜り込み、表皮を食べて生活する
寄生虫です。


出展:https://medicalnote.jp/

メスは、皮膚に2~3mmの
トンネルを掘って産卵を繰り返します。

 

この皮膚にトンネルを掘るとき
に非常に激しい痒みを伴います。

 

卵は3~10日で孵化し、成ダニに
成長し、その後産卵をするように
なるまで約3週間かかります。

 

犬の皮膚病の中でも一番痒い
とも言われるのが疥癬症で、
痒みのため犬は激しく体を
掻きむしったり、出血するほど
引っ掻いたりが見られます。

 

このため、皮膚自体もボロボロ
になり、脱毛、炎症を起こし、
皮膚の表面が硬く、象のように
なっていきます。

 

最初は顔面や四肢に異常が
見られることが多いですが、
進行すると全身に拡がっていきます。


出展:http://www.hayashiinunekobyouin.com/


出展:http://wanwannyan.blog68.fc2.com/

重度になると治療でヒゼンダニ
の駆除をしても皮膚状態が元に
戻るまでに時間がかかります。

 

また、疥癬は人にも感染します。

 

検査・治療・費用など:

確定診断はヒゼンダニもしくは
卵を顕微鏡にて見つけることです。

 

皮膚の表面を少し削って
(血が出るくらいまで)顕微鏡
にて確認します。

 

ただし、簡単には見つからない
こともあります。
疥癬になってから時間が経って
いるほど見つかりにくくなります。

 

治療や殺ダニ剤の注射が効果的
ですが、万が一フィラリアなどに
感染している場合には危険な
こともあります。

 

そのため、状態を見ながら
殺虫効果のある薬剤の投与や
塗布、薬用シャンプーなどで
治療を行っていきます。
(皮膚の状態、全身状態によって
治療法は変わります。)

 

また、検査でヒゼンダニを発見
できないときも、皮膚症状から
疥癬が強く疑われるときには
疥癬の治療を行う場合もあります。

 

費用は体重にもよりますが、

皮膚検査/1,000~2,000円程度

駆虫、皮膚治療/2,000~10,000円程度

殺ダニの注射は卵には効かない
ため3~4週間あけてもう一度。

その他の治療の場合には、完治
までには2~3ヶ月かかることも
あります。(重症の場合にはさらに)

 

<耳ダニ>

 

耳ダニも基本的には疥癬と
似ていますが、ミミヒゼンダニ
(耳にだけ寄生)が耳の中に寄生
することによって起こります。

 

黒い耳垢が大量に出てきて
激しい痒みを伴います。

ws000022
出展:http://ecol-biol.com/


出展:http://inukusuri.seesaa.net/

 

検査・治療・費用など:

耳垢を採取し、顕微鏡にて
ミミヒゼンダニを見つけること
で診断となります。

 

治療は疥癬と考え方は同じに
なりますが、殺ダニの注射で
駆虫することもあれば、
耳の中を洗浄しながら殺ダニの
お薬を入れて(週に1回を3~4回)
いく治療を行うこともあります。

費用は体重にもよりますが、

耳ダニ検査/500~1,000円程度

駆虫、治療/4,000~10,000円程度
(完治まで)

 

<毛包虫症(アカラス)>

 

ニキビダニとも言われる毛包虫
は、犬の皮膚の毛穴に住みつく
体長0.2~0.3mmの肉眼では
見ることのできない寄生虫です。


出展:http://vet-dogs-cats.at.webry.info/

毛包虫(ニキビダニ)は、子犬のうち
に母犬から感染するとされています
が、多くの場合、何の症状も出ず
にそのまま生活している子がほとんどです。

 

しかし、何らかの原因(免疫の低下
や基礎疾患)でニキビダニが
異常繁殖すると痒みや皮膚炎、
脱毛などを起こし『アカラス症』
となります。

 

また、犬種によってアカラス症
になりやすいとされる種類も
いるため、遺伝的要因も考えられています。


出展:http://www.oak-animal.com/


出展:http://www.oak-animal.com/

症状は程度によって軽いもの
から重度のものまでさまざま
です。

 

以前は非常に治りづらい完治
の難しい厄介な皮膚病とされて
いましたが、現在は有効な薬剤
が販売されましたので治療の効果
も上がっています。

 

検査・治療・費用など:

検査は疥癬と同じく皮膚の表面
を削って顕微鏡でニキビダニを
見つけることで診断します。

 

治療は、状態にもよりますが
飲み薬(ブラベクト錠)や滴下式の
駆虫薬(アドボケート)などが
使用されます。

 

ただし、治療によって皮膚症状
が改善しても再発することが
多く、また一旦良くなっても
急に悪化することもあります。

 

治療費用は、使用する薬剤や
体重によっても変わりますが、
アカラスの治療費は他の皮膚病
よりも高額になります。

また、病院によっても治療法や
扱う薬剤が異なります。

(例)
駆虫薬/10,000~30,000円程度
(3ヶ月効果がある薬剤の場合)

その他、皮膚の状態によっては
抗生物質の投与、薬用シャンプー
などが必要になることもあります。

 

また、再発を繰り返しやすい
ため、完全に治療を止めると
いうことは難しく、一生の付き
合いにもなる皮膚病と言えます。

 

 

犬の皮膚病はその原因によって
使用する薬剤や治療法も変わって
きますし、間違った治療では
悪化させてしまいます

 

今は市販でさまざまな薬剤も
販売されていますが、自己判断
でお薬を投与することはやめて
動物病院でしっかりと診断をして
もらいましょう。
(寄生虫の予防のための薬剤で
あれば大丈夫です。
病院より安い場合も多いですしね・・)

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です