癌、腫瘍

犬の扁平上皮癌!抗がん剤治療や放射線療法の効果や予後など!

犬の癌は、種類や発生部位にも
よりますが、治療としては、
まずは外科手術による切除が
一般的です。

 

腫瘍とその周辺の広範囲切除が
行えれば完治、また予後も良い
場合(腫瘍)もありますし、手術
の経過や術後の状態によって他
の治療が検討されることもあります。

スポンサーリンク


犬の悪性腫瘍の中では扁平上皮癌
は多く見られる癌です。

 

そして治療法も基本的には他の
癌同様に手術が第一選択になる
のですが、扁平上皮癌はその
発生部位が口腔内や鼻など、
広範囲切除が難しいことが多い
癌です。

 

そのため、手術+抗がん剤or放射線
という治療になる可能性が高い
癌と言えます。

 

そこでこちらでは犬の扁平上皮癌
における抗がん剤治療や放射線療法
についてまとめてみました。

犬の扁平上皮癌の治療!鼻や口腔内の手術の選択や予後など!

 

<抗がん剤治療について>

 

抗がん剤にもさまざまな種類があり、
腫瘍のタイプや状態によって使い
分けられます。

 

犬の扁平上皮癌で使われることの
多い抗がん剤は主に以下になります。

*白金(プラチナ)製剤
(シスプラチンやカルボプラチン)

DNAの二重らせん構造に結合して
DNAの複製を阻害、また癌細胞を
自滅へと導く働きがあります。

 

*抗腫瘍抗生物質
(ドキソルビシンなど)

癌細胞の細胞膜を破壊したり、
DNAまたはRNAの複製や合成
を阻害する働きがあります。

 

*分子標的薬
(イマチニブやトラセニブ)

細胞の増殖や浸潤、転移などに
関わる、がん細胞特有の分子を
ターゲットとするため、従来の
抗がん剤に比べ、副作用が少なく
治療が行えます。

 

*ピロキシカム
(バキソやフェルデンなど)

こちらは抗がん剤ではなく
非ステロイド性の消炎鎮痛薬
ですが、抗がん剤との併用で
使用されることが多いです。

プロスタグランジン
(ホルモンに似た働きをする物質)
の生成を阻害して、疼痛や強張り、
圧痛や腫脹を軽減する働きがあります。

犬の癌など病気にペット用ブロリコの効果や抗がん作用とは?

これらの併用、組み合わせで
抗がん剤治療が行われますが、
手術+抗がん剤での予後は比較的良く
1年生存率は58~91%と高い方です。

 

また、腫瘍ステージや転移などの
有無にもよりますがさまざまな
症例の研究によると生存期間中央値
(平均生存期間)は、45ヶ月とされています。

 

抗がん剤は種類にもよりますが
もちろん副作用があります。

ただし、犬や猫の場合には、
人間のような激しい副作用は
起こりにくいとされています。

スポンサーリンク


<放射線治療について>

 

放射線療法は、癌の種類に
よって、感受性(効果)が高いもの
とそうでないものがあります。

 

動物の腫瘍における放射線感受性
として、相対的に

・高い
・比較的高い
・中程度
・低い

と分けられますが、扁平上皮癌
「比較的高い」に分類されています。

 

放射線も腫瘍の状態によって
治療スケジュールを立てて複数回
の照射が必要です。

 

また副作用は少ない方ですが
可能性はあります。

 

そして一番の問題は放射線療法は
都度、全身麻酔が必要になると
いうことです。

詳しくはこちら↓

犬の癌の放射線治療!方法や費用、効果や副作用について!

 

そのため、抗がん剤治療よりは
リスクも高く、また施設も少ない
ため、気軽に受けられる治療では
ないと言えるかもしれませんね。

 

放射線治療の効果は照射回数に
よっても変わりますし、癌の
縮小や抑制なども状態によって
異なりますが、おおよそ70~80%
で症状の改善、緩和効果がある
されます。

また1年生存率は72%とされています。

犬の癌をサポートするドライフードの成分や品質は?予防効果も?

 

放射線治療も抗がん剤と併用
したり、他のさまざまな治療と
組み合わせることでさらに効果を
高めることもできます。

 

また、扁平上皮癌は同じ部位に
局所再発が多いですが、手術後に
放射線治療を行うことで、再発
の予防効果も高くなります。

 

放射線療法は費用面の問題
全身麻酔のリスクをしっかりと
考慮する必要がありますので納得
いくまで詳しく説明を受けることが大事ですね。

 

ただし、抗がん剤も放射線も
手術ができない状態(癌がそのまま)
での治療では上記のような効果は
期待できません。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の悪性リンパ腫の末期症状や余命、安楽死の選択について!
  2. 犬の癌による足の切断(断脚)!手術の経過や痛み、予後など!
  3. 犬の悪性リンパ腫!ステロイド治療の効果や抗がん剤との違いは?
  4. 犬の口腔内メラノーマの手術や治療の費用と経過や予後など!
  5. 犬のリンパ腫にインターフェロンの作用や効果と副作用など!
  6. 犬の肥満細胞腫の手術費用や術後の治療、予後について!
  7. 犬の癌が自壊(破裂)!痛みや出血,膿など症状や対処法まとめ!
  8. 犬の乳がんの末期症状と延命や緩和治療、余命について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP