歯周病

犬の歯周病の治療法や抜歯、手術などにかかる費用は?

犬の歯周病は加齢に伴って
発症率が増加しますが、若齢層
でもすでに歯周病予備軍という
子たちも多く、犬では非常に多い
病気の一つです。

 

歯周病の原因はそのほとんどが
歯垢や歯石によるもので、若い
ころから歯磨きなどのデンタルケア
を行わないと予備軍も含め80%
近くのワンちゃんが歯周病に
なってしまう可能性があります。

スポンサーリンク


どうしても犬は自分で歯を磨く
ことができないため、飼い主さん
が磨いてあげるか、歯磨きに
変わる何らかの方法を行わない
限り、若くても歯石は付いて
しまいます。

 

そして歯石が蓄積してくると
歯周病になり、さらに悪化すると
歯槽膿漏になってしまいます。

 

歯周病になってしまうと歯がグラ
グラしたり、口臭やよだれ、歯茎
からの出血などが起こります。

 

そしてさらに進行して悪化すると
歯の根元に膿が溜まり皮膚が壊死
して頬の皮膚などに穴が開いて
しまうこともあります。

 

こちらでは、歯周病の治療法や
かかる費用などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

犬の歯周病や歯槽膿漏に乳酸菌の効果とオススメのサプリなど!

 

<歯周病の治療>

 

歯周病は歯石が原因となりますので
まずは歯石の除去を行わないと
治りません。

 

内科的にお薬(抗生物質など)で
一旦、炎症を引かせることは
できる場合もありますが、一時的
なもので薬が切れるとすぐにぶり返します。

 

根本的な原因を除去しない限り、
歯周病が良くなることはありません。

 

また、歯周病の多くは歯石取り
だけで対処できず、抜歯が必要になる
ことが多いです。
(軽度で歯のグラつきがなければ
歯石除去のみ)

 

ですから、治療としては

歯石除去→抜歯が必要な歯は抜歯

という流れになります。

 

奥歯の抜歯などは根も深く、場合に
よっては切開などが必要になること
もあるため、それらをまとめて
『手術』という言い方をする場合も
ありますが基本的には抜歯に付随
する処置のことになります。

 

重度の歯周病では歯のグラつきも
ひどく、簡単に抜くことができる
歯も多いですし、10本以上の抜歯
をすることも珍しくありません。

 

そして基本的に犬や猫の歯石取りは
全身麻酔が必要になります。

 

歯周病が軽度で抜歯の必要がなく
よほど大人しいワンちゃんであれば
無麻酔で機械(超音波スケラー)を
使わず、ハンドスケラーで取る
ことも可能ですが、まれです。

 

ほとんどのワンちゃんで、
全身麻酔+超音波スケラーでの
処置が必要となります。

 

スポンサーリンク


<治療前の準備>

 

歯石除去や抜歯はそれほど
難しい処置でもなく、それ自体
は心配するようなことはありません。

 

注意が必要なのは全身麻酔です。

 

ですからまずは麻酔をかけられる
体の状態なのか?という検査が
必要になります。

 

年齢にもよりますが、通常は
血液検査、場合によっては
レントゲンなどが必要になること
もあります。

 

血液検査では、一般検査
(貧血、白血球、血小板など)と
生化学検査(腎臓、肝臓、血糖値
など)を調べます。

 

体に入った麻酔薬を解毒させる
のは肝臓、また麻酔薬を体外に
排泄させるのは腎臓です。

 

そのため、肝臓、腎臓の数値に
異常がある場合には麻酔は
かけられません。
血液検査は主にそれらを見る検査
になります。

 

そして、高齢の場合や、他に何らか
の症状がある場合、また血液検査
で何らかの項目が引っかかった場合
などには、レントゲンやエコーなど
で胸部や腹部の検査をするように
なります。

 

また心電図などの検査が必要な
場合もあります。

 

これら検査がクリアできれば
全身麻酔をしての歯石や抜歯の
処置が可能となります。

 

全身麻酔前には絶食が必要になります
ので、予約を取って当日絶食した
状態で連れていくようになります。

 

年齢や状態にもよりますが、一般的
には歯石や抜歯だけであれば日帰り
になることがほとんどです。

 

処置自体は状態にもよりますが
数十分から長くて1時間程度です。

 

朝(午前中)に連れて行き、
夕方お迎えといったパターンが多い
です。(すっかり麻酔から覚醒した
状態で退院)

食事も当日から可能です。

 

歯周病の状態や抜歯の有無にも
よりますが、帰宅後には数日間、
抗生物質などの投与が必要になります。

 

その後は特に異変がなければ通院の
必要はありませんが、状態によって
は、数日~1週間後に再診となる
場合もあります。

 

<治療にかかる費用>

 

費用は病院によっても異なります。

また、

・歯石の状態

・抜歯の本数

・歯肉の状態

・犬種

・大きさ

などによっても変わってきます。

 

費用的には、

・事前の検査代(血液検査、その他)

・全身麻酔料金(モニターなど含む)

・歯石除去

・抜歯(本数による)

・注射や内服薬(抗生物質など)

がかかります。

 

状態によって変わりますが、これら
すべて含み、おおまかな費用と
しては、

小型犬(~5kg以下)で2~3万円

中型犬(10kg前後)で3~4万円

大型犬(20kg~)で4万円~

程度が一般的ですが、実際の口の
中の状態によって、また病院や
地域によっても前後します。
(デンタル系に力を入れている
専門の病院などでは費用は数倍
かかることもあります)

 

また、高齢の場合や何らかの不調
がある場合などは麻酔中に点滴を
行ったりすることもあります。

 

その他、状態がひどくて皮膚に
穴が開いたりしているような場合
にはそれらの処置も別途必要に
なるため、費用は加算されます。

 

まずは、事前にしっかりと説明を
聞いて、料金についても遠慮なく
聞きましょう。

 

歯周病は悪いところを治療して
しまえば症状は見事に改善します。

 

その後は、同じことを繰り返さない
ように残った歯を大事にして、
お手入れをしていけば歯周病は防げますよ。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の歯周病や歯槽膿漏に乳酸菌の効果とオススメのサプリなど!
  2. 犬の歯磨きの重要性(大切さ)とは?寿命との関連性について!
  3. 犬の歯磨きは水に混ぜるだけ!?リデンタの効果や成分とは?
  4. 犬の口臭!腐敗臭やアンモニア臭で考えられる原因や病気!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP