癌、腫瘍

犬の癌の放射線治療!方法や費用、効果や副作用について!

犬の癌治療は、癌の種類や
症状によっても変わりますが、
基本的には、外科手術が選択
されることがほとんどです。

 

その他、状態によって、
抗がん剤治療放射線治療、
免疫療法などが行われること
もあります。

 

今や動物医療も進歩してきてます
から、人間同様の高度な医療も
受けられるようになってきています。

スポンサーリンク


難点といえば、人では無麻酔で
行える処置(治療)でも動物の
場合は、全身麻酔が必要になる
ことが多いということですね。

 

もう一つは保険がないため
医療費が高額になるということ
ですね。
今はペット保険も増えてきました
ので加入されている方も多く
なってきましたが。

 

ただ、いずれにしろ人でも
癌治療には高額の費用が必要に
なりますから、それはペットも
同じということですね。

 

今回は癌の三大療法の一つ、
放射線治療についてです。

 

犬の癌の放射線治療の方法や
効果、副作用、費用などを
まとめてみましたので参考に
してください。

 

<放射線療法の効果について>

 

放射線療法は、癌の病巣部に
放射線(X線)を照射することで
局所的に癌細胞を死滅させる
治療法です。

 

照射は細胞が分裂して
増えるときに必要な遺伝子に
作用し、それにより細胞の増殖
を抑え、細胞が新しい細胞に
置き換わる時に脱落する仕組みを
促し、がん細胞を消滅、また成長
を阻害することができます。

 

放射線の照射では、がん細胞周辺
の正常細胞にもダメージを与える
ことになりますが、腫瘍細胞の方
が正常細胞よりも放射線に弱い
いう特徴があります。

 

また、放射線は、細胞分裂の時
に作用するため、常に分裂や増殖
を繰り返しているがん細胞には
大きなダメージとなりますが、
分裂していない正常細胞には
ダメージが出にくいわけです。

 

放射線療法適応の腫瘍は主に、

*リンパ腫

*肥満細胞腫

*扁平上皮癌

*腺癌

*骨肉腫

*血管肉腫

*悪性黒色腫

*脳腫瘍

*軟部組織肉腫

などです。

犬の肥満細胞種に分子標的薬イマチニブの効果や副作用は?

 

効果については、腫瘍の種類や
タイプによってもさまざまですが、
放射線の感受性が高い場合には
腫瘍が完全に消失することもあります。

 

放射線の感受性が低いタイプでは
腫瘍の成長を遅らせることは
できても止めることはできない
場合もあります。

 

また、疼痛の緩和やQOLの向上、
延命においては60~70%に効果が
得られるとされています。

 

<放射線治療の流れ>

 

放射線を腫瘍部位だけに集中的
に照射するためには、腫瘍の
大きさや位置を正確に測る必要
があります。

 

そのため、事前にCTやMRIでの
詳しい検査が行われます。

 

また、それ以前に全身麻酔を
かけられる状態かどうかの
血液検査も必要になります。

 

そして、全身麻酔、照射がOK!
となれば治療スケジュールが
立てられます。

 

積極的な治療を行うか、緩和的
治療にするか・・また腫瘍の状態
によっても照射回数や期間は
変わってきます。

 

腫瘍や部位にもよりますが、

・積極的治療の場合
週に3~5回のペースで照射、
それを4週間程度継続

・緩和的治療の場合
週に1回~数週間に1回の照射

など、さまざまです。

 

照射当日は、絶食をさせて
連れて行き治療を受けるようになります。

 

全身麻酔をかけたら、体の
姿勢を決め、皮膚に照射部位の
マーキングをします。

 

実際の治療の時間は1回10分
前後ですが、麻酔前後の状態管理
などもありますし、しっかりと
麻酔が覚めてからの退院になり
ますので預けてからお迎えまで
数時間(2~5時間)かかります。

 

また、放射線治療の期間中は
定期的な検査によって全身状態
のチェックを行い、照射が継続
できるかなどの判断も必要になります。

 

そして照射スケジュールが無事
終わってもその後は経過観察と
なり、定期的な検診が必要です。

 

スポンサーリンク


<放射線治療の副作用>

 

癌治療では、

外科手術では痛みや苦痛、
抗がん剤治療では全身の不調や
不快感などがあり、放射線治療
ではそれらに比べると副作用の
程度は軽いとされています。
(ただ、犬猫の場合は人より
抗がん剤の副作用は出にくいと
されています。)

 

しかし、放射線治療にももちろん
副作用はあります。

 

極力、副作用が出にくいように
線量の調節も行われますが、
ある程度の副作用は起きる可能性
があります。

 

副作用については、放射線を
照射する部位や線量によっても
さまざまですが、

*急性障害(治療期間中に起きる)

*晩発障害(治療後、数ヶ月~数年後に起きる)

があります。

 

急性障害で多いのは、
皮膚がやけどをしたような状態に
なる皮膚炎で、放射線治療を始めて
2~4週間後から起きます。

 

その他、脱毛が起きることもあります。

 

晩発障害は稀ですが、
脳や脊髄、肺や心臓、骨などに
悪影響を及ぼし、時に致命的と
なることもあります。

ただし、そのリスクは5%以下
とされています。

 

また、放射線治療は犬猫の場合、
全身麻酔ですので治療期間中は
短期間に何度も麻酔をかける
ことになります。

 

そのため、麻酔のリスクも考慮に
入れないといけません。

 

麻酔後の急性腎不全肝炎など
は起こりやすいですが、これは
麻酔中やその後の点滴である程度
のリスク回避はできます。

 

また、さまざまなリスクを最小限
に抑えるためには定期的な検査が
欠かせません。

猫(ペット)の癌に放射線治療が受けられる全国の動物病院!

<放射線治療の費用>

 

放射線治療は、腫瘍の状態や
部位、全身状態によっても
変わってきますし、犬の場合には
大きさ(体重)によって異なります。

 

体重5kg程度の小型犬の大きさ
で、おおよその平均で一回の照射
が麻酔代も含み、
30.000~80.000円程度です。

 

中型犬や大型犬になってくると、
麻酔薬など薬剤の増量、また
体が大きければ腫瘍も大きい
ことが多く、照射部位の拡大
などがあるため、1.5倍~2倍
程度は必要になると思われます。

 

これを治療スケジュールに合わせ
て複数回照射していくことになり
ますので、積極的な治療を行う
場合には、大きさにもよりますが
数十万円~100万円は覚悟する必要
があります。

犬の癌など病気にペット用ブロリコの効果や抗がん作用とは?

ペットの放射線治療は国内でも
受けられる施設は限られていますし、
まだまだ動物医療においては、敷居
の高い特別(特殊)な治療とも言えます。

 

しかし、今後、高度医療を行う
動物病院はますます増えてきますし
ペット保険の拡充も期待されます。

 

家族の一員の愛犬のために望む
医療がもっと気軽に受けられる
ようになるといいですね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の癌をサポートするドライフードの成分や品質は?予防効果も?
  2. 犬の肥満細胞腫!グレード(悪性度)による予後や余命など!
  3. 犬の腫瘍(がん)の痛みを緩和!鎮痛剤(痛み止め)のお薬など!
  4. 犬の口腔内メラノーマの手術や治療の費用と経過や予後など!
  5. 犬の癌が自壊(破裂)!痛みや出血,膿など症状や対処法まとめ!
  6. 犬の癌(がん)の検査方法や費用!レントゲンや血液検査で分かる?
  7. 犬のメラノーマ(悪性黒色腫)の転移~末期症状、余命について!
  8. 犬の悪性リンパ腫の末期症状や余命、安楽死の選択について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP