犬の肥満細胞種に分子標的薬イマチニブの効果や副作用は?

犬の肥満細胞腫は、皮膚にできる
悪性の腫瘍の中では最も多いと
される『癌』です。

 

皮膚以外の内臓や筋肉などに
できることもありますが、
基本的に治療の第一選択は
外科手術による広範囲の切除
となります。

スポンサーリンク


しかし、すでに転移がある場合や
手術によって取り切ることが
できない部位や大きさ、また犬
の年齢や全身状態などによって
手術が困難な場合、悪性度が高い、
再発の可能性が高い場合などには
抗がん剤や放射線治療などが必要に
なってきます。

 

放射線治療についてはこちら↓
費用などは猫の大きさで記載
してますが、他については犬も
猫も同じです。

猫(ペット)の癌に最前線の放射線治療!効果や副作用,費用は?

 

抗がん剤もさまざまな種類があり、
腫瘍の種類によって効果が期待
できるタイプのものとそうでない
ものもあります。

 

近年、人間の癌治療においても
副作用が少ない抗がん剤として
『分子標的薬』が多く使われる
ようになってきています。

 

この分子標的薬は犬や猫の
癌治療にも使われるように
なっています。

 

そして犬の肥満細胞腫は、
分子標的薬イマチニブの効果が
報告、認められている腫瘍です。

 

こちらでは犬の肥満細胞腫の
抗がん剤治療に使われることの
多いイマチニブ(商品名グリベック)
についてまとめてみました。

 

<分子標的薬とは>

 

分子標的薬は、正常細胞抗
を含むすべての細胞をターゲット
とする従来の抗がん剤とは異なり、
細胞の増殖や浸潤、転移などに
関わる『がん細胞特有の分子』
ターゲットにするものです。

 

そのため、一般的な抗がん剤の
激しい副作用が大幅に軽減する
ことができ、さらに治療効果も
期待できるという新しいタイプの
抗がん剤です。

 

もともとイマチニブは人の
慢性骨髄性白血病の治療薬と
して開発されたお薬です。

 

慢性骨髄性白血病は、造血幹細胞
が癌化し、顆粒球(白血球の一種)
が異常に増殖する病気ですが、
この原因として挙げられるのが
異常遺伝子から産生される
チロシンキナーゼという酵素タンパクです。

 

分子標的薬はこのチロシンキナーゼ
の働きを阻害するお薬です。

 

また、食道や胃、小腸や大腸など
の消化管粘膜の下層に発生する
消化管間質腫瘍でも、細胞増殖を
促すKITチロシンキナーゼ
働きを阻害することで抗腫瘍効果
が認められています。

 

分子標的薬には、

*イマチニブ

*トセラニブ

*マシチニブ

などがあり、すべて内服薬なので
自宅での投与が可能です。

 

犬で使われるのはイマチニブ
(グリベック錠)が多いようですが、
犬用の「パラディア錠(トセラニブ)」
も発売されているので、病院に
よっても変わります。

 

スポンサーリンク


<犬の肥満細胞腫とイマチニブの効果>

 

犬の肥満細胞腫では『c-KIT』
という遺伝子の変異(異常)
よって肥満細胞の異常な増殖
シグナルを伝達し続けることが、
腫瘍の発生の原因になっている
ことがあります。

 

この『c-KIT』の働きを阻害
するのが分子標的薬です。

 

そして、犬の肥満細胞腫に対する
イマチニブの投与によって約50%
の症例で腫瘍の著しい縮小が認め
られたとのデータもあり、良い
経過の報告も多く上がってきています。

 

ただし、分子標的薬は特定の分子
だけをターゲットにするため、
標的とする分子に異常がなければ
効果はないということになります。

 

つまり、c-KIT遺伝子を調べた上
で異常があれば分子標的薬の投与、
効果が期待できる!となるわけですが・・

 

しかし、実験ではc-KIT遺伝子に
異常がない肥満細胞腫においても
約30%の症例でイマチニブの効果
が出ているのです。

 

そのため、遺伝子異常がなくても
分子標的薬に感受性を示す場合も
あるということで、遺伝子検査だけ
でなく、実際に薬剤を投与しての
経過観察を勧める病院も多いようです。

 

ただし、イマチニブをはじめ、
分子標的薬は非常に高価です。
やみくもに試してみましょう!
と言えるレベルの価格ではありません。

 

また、抗がん剤投与においても
定期的に全身状態のチェックは
必要ですし、他の治療やお薬など
との併用もあればさらに費用は
高額になります。

 

犬の場合には大きさ(体重)に
よって薬剤の量も変わりますが、
小型犬(~5kg)でも抗がん剤
治療は1クールで数十万円
かかります。
(薬剤にもよります)

 

ですから、治療においては
獣医師と良く話し合うことが
大事ですね。

犬の癌にアガリクスの効果は?効能や抗がん作用などまとめ!

<分子標的薬の副作用>

 

正常細胞には影響を与えないため
副作用が少ないとされる分子標的薬
ですがそれでも薬剤ですからある
程度の副作用はあります。

 

薬剤の種類によって多少変わり
ますが、

*胃腸障害(下痢、嘔吐)

*元気消失

*跛行(筋肉の痛み、つっぱりなど)

*肝障害(ALT上昇)

*骨髄抑制(好中球、血小板減少)

 

また、

発疹、発熱、痒みなどの軽い
アレルギー反応から、
アナフィラキシーショックなどの
重いアレルギー反応も起きること
もあります。

 

副作用の発生については、
イマチニブが一番低いようです。

犬の癌をサポートするドライフードの成分や品質は?予防効果も?

<まとめ>

 

分子標的薬や肥満細胞腫の他、
リンパ腫でも良い効果の報告も
あり、他の腫瘍の抗がん剤治療
においても今後ますます活用
されていくと思われます。

 

やはり、抗がん剤で一番心配な
副作用が軽減できるというのが
使用に際しても決断しやすいと
言えるのではないかと思います。
(高額な費用もネックですが・・)

 

今後、犬や猫の医療においても
抗がん剤治療の研究はさらに
進んでいきます。

 

ペットも高齢化が進む中、
人と同じように高度な医療が
求められていくのは言うまでも
ありません。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です