犬の認知症の初期症状は?前兆を見逃さないための簡単チェック!

ペットも高齢化が進み、人間と
同じように癌や認知症が増えて
きています。

 

愛犬はいつまでも飼い主さんを
慕う子供のような存在なので
いつのまにかおじいちゃんや
おばあちゃんになっているって
実感も沸きませんよね。

スポンサーリンク


でも確実に歳を取っていきます。
そしてそのペースは私たち人間
よりもはるかに早いのです。

 

子犬からいつのまにか老犬に・・
ホントあっという間ですよね。

 

そして歳を取れば病気もします。
体も老いて足腰も弱くなったり
動けなくなったりします。

 

そうなってくるとイヤでも
愛犬の老いを実感せざるを
得なくなりますよね・・

 

ただ、実は飼い主さんが異変に
気付く前からさまざまな病気は
進行していることも多いのが現状です。

 

認知症もその一つです。
一般的に認知症の発症が見られ
始めるのは7~8歳頃で8歳以上の
犬では約20%に軽度の認知症が
疑われる行動が見られると言われています。

 

認知症は人もそうですが早期の
発見が重要です。
初期に適切な対策を行えば進行を
遅らせることも可能です。

 

そこでこちらでは、犬の認知症の
前兆初期症状など異変をいち早く
察知するために飼い主さんができる
こと、チェック方法などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

<犬の認知症>

 

犬の認知症についてはあまり研究は
進んでおらず、はっきりとした原因
は分かっていません。

 

しかし、高齢によって脳の中に
老廃物 (βアミロイドと呼ばれる
タンパク質)が蓄積することなど
によって起きる脳の萎縮が原因の
一つとして考えられています。

 

また犬の場合には遺伝的要素も
関係していると言われています。
(洋犬よりも日本犬やその雑種が
なりやすい傾向にある)

 

そして、認知症を治す薬というのは
ないため(海外の輸入薬や人間用を
代用することもあり)、基本的には
サプリメントや行動療法などでの治療
がメインとなり、場合によっては軽い
鎮静剤や抗不安薬などが使用されることもあります。

犬の認知症に効果的なサプリは?症状改善や進行の抑制など!

 

いずれにしろ、これらの治療は
認知障害が早期であればあるほど
効果が期待できます。

 

状態によっては進行を遅らせる
だけでなく、認知障害を改善できる
こともあるのです。

 

ですからまずは早いうちの対策が
重要なカギとなるのです。

 

スポンサーリンク


<認知症の前兆~初期症状>

 

一般的に分かりやすいのが、

*トイレの粗相

*夜鳴き(昼夜逆転)

*呼びかけへの反応が鈍る

*物事に無関心になる

*食欲の増加、好き嫌いの変化

*暑くもないのにあえぎ呼吸をする

*性格が変わる(凶暴になったりする)

などです。

 

また飼育環境にもよりますが、
ドアの蝶番(ちょうつがい側)に
頭を向けて出ようとしたり、
床をガリガリ掘り続けたり、
同じ所を往復したり旋回したりと
同じ動作を繰り返すようになります。

 

最初はこれらのうち1つ~2つから、
そのうち段々と進行してくると
症状も増えてきます。

 

ですから、なんとなく??と
感じたときに以下の項目を
チェックしてみてください。

 

そして認知症の予備軍の判定が
出ればまずは動物病院で相談しましょう。

<認知機能のチェックシート>

*無目的行動・・
目的なく同じ行動を繰り返す(常同行動)

*スターゲイジング・・
何もない空中や空間をじっと見つめる

*認知(知覚)消失・・
位置・方向感覚が分からなくなる

*見当識障害・・
今がいつか(時間)、ここがどこか(場所)が分からなくなる

 

犬は高齢になると体の不調も
多くなります。
さまざまな病気によって行動異常
などを起こす場合もありますので
まずは、他に異常がないかの検査
が必要になります。
(血液検査やレントゲンなど)

 

そして全体的な体の状態と認知障害
の程度を総合して最適な治療法を
見つけていくことが大事になります。

 

認知症かな?と思っても勝手な
判断でサプリメントなどを与えて
も他の病気などがある場合には
効果は期待できません。

 

また病気による体の不調は、
認知障害を発症、進行させて
しまう可能性もあります。

 

愛犬の介護のことも踏まえ、
ちゃんと動物病院を受診して
最善の対策を見つけましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です